真夏到来オフショア釣行(2016/7/23)

先週に引き続き、海の中のポケモンを探しにK船長と内海沖にオフショア釣行に行ってきました。

2016-07-23 07.03.35

今日は雨の心配もなく、波も穏やか。釣り日和です。

いつもと違う潮

と、思いましたが・・・いつもと海の様子が違うことにすぐに気づく。

濁りを含んだ潮目のスピードが速い

普段であれば午後くらいまで釣行していると、沖から徐々に濁りを含んだ潮目がやってくるのですが、今日は朝から普段行くポイントに着くまでに、もう潮目が来ている。

この潮目を境に、潮が結構濁っているのが見て分かります。

というわけで何でも良いから仕掛け

というのがちょっと気になりつつも鯛ラバ・ジグサビキ(根魚用)+マイクロフリップの2本で開始。

前回はジグサビキ(根魚用)とマイクロフリップで結構アタリがあったので今回もそれで。

この「根魚用」はハマると爆釣するので渋い状況に持っておくと重宝しますよ。

開始1投目から小さなアタリ。乗らず。
3投目くらいで13cmくらいの小さなカサゴ。リリース。

5投目くらいでエソ。リリース。

しばらくしてまたエソ。リリース。

どうやらジギングサビキの薄紫のタコベイト側にアタリがあるようなので、そっちを下にしてみる。
通常はこの付け方が正解なんですが、濁ってたのでピンクを下にしていたのです。

という風に変更し、しばらくして23cmほどのカサゴをゲット。

やっとリリースしなくて良いサイズが来た。

しかし、、、ヒットするのはエソと小カサゴのみ。他の魚が全く当たらない。
特に鯛ラバには全くダメ。

開始数時間、やっと少しマシなアタリが出る。
引き上げてみると、、

2016-07-23 10.40.08

30cmオーバーの良型尺カサゴ。やっとマトモな釣果が出た・・・・。

しかしその後、場所移動を繰り返すもエソ・エソ・エソ・・・・・どうもエソしか食ってこない。。

しょうがないので大きく場所移動し、以前サイズは出ないがカサゴが大量に釣れた場所に移動。

しばらく鯛ラバをやっていると・・・、コツコツ・・・ガツン!という感じで鯛ラバに何やら大物ヒット。完全に乗った!
炎月のドラグはあまり調整幅が無いのでちょっと緩すぎたため少し締める。

それでもドラグがガンガン鳴る、頭を振っているような抵抗を見せるアタリ。

しばらくやり取りを楽しみつつも、なかなか止まらんな・・・と思っていたら

プツッ・・・・

嘘・・・切れた・・・

引き上げてみると、鯛ラバとリーダーを結束しているより上でスパっと切れている・・・マジかよと。
鯛ラバなのでリーダーも4号とそんなに太くないものを使っているので、サゴシ・太刀魚なら割とサクッと切られる太さなので、どっちかの可能性が高いが、釣れなかったら真相は闇の中・・・。
8号くらいのリーダー巻いてるソルティガでやれば良かった・・。

その後、全くアタリも無く納竿。微妙な釣果でした・・・。

そもそもソルティガで鯛ラバっていうのもなぁ、と思って炎月買ってそっちで鯛ラバやってますが、鯛ラバって青物とか不意な大物が来ることが結構あるので、重くて辛いですが敢えてジギング用リールでやるほうが大物に対応出来ますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする