苦手な潮回りとその理由と魚を狙うタイミング

釣りをしていると「釣れる潮、釣れない潮」というのがあります。

個人的な感想ですが、防波堤で釣りをする場合

中潮 > 小潮 >= 大潮 > 若潮 > 長潮

という感じで釣れる気がします。

ただ「長潮」でもサビキ釣りでは大爆釣する事もあります。コマセが流れていかないので、そのままアジが居座り続ける・・という事がありますので侮れません。

ちなみにリバーシーバスの場合は

小潮 > 中潮 = 若潮 > 長潮 > 大潮

と、なります。個人的な感想ですけどね。

いきなり大潮が最下位になったので理由を述べていきます。

苦手なのが大潮

これ、理由がありまして「流れが速すぎる」事があるのですよね。

まさに昨日ホゲたんですけど、大潮でかなり流れが速く、シーバスは居るけど留まってくれない、ミスバイトが増える、というのが理由です。

流れが早すぎるとボイルも減り、明暗部を通すのも難しく、なかなか良いことがありません。

その点、小潮になると流れが緩やかなので、通したいコースにルアーを通しやすくなります。

但し、「流れが止まる」と釣れませんので行くタイミングは考えた方が良いです。

釣れるベストなタイミング

「上げ三分、下げ三分」とか言いますが、シーバスの場合は

・満潮前ギリギリ

・満潮から引き始めたタイミング

・干潮前ギリギリ

・干潮から満ち始めたタイミング

この4回が最も釣れやすいタイミングと思います。

勿論、下げはじめてしばらくしても釣れるんですけど、この4タイミングがベストだと思います。

具体例

四角で囲ったあたりがその時間帯です。

この例で行くと、まさに今の時間帯が下げ始めなので最も良いと思います。

と、割と普通な結論になりましたけど、これは実際に経験上そう、と言いきれるレベルになっているので、もし「何時に行ったら良いか分からない」という人は参考にしてみてください。

まあ、、、釣り人ならあんまり気にせず行く人も多いと思いますけどね、、

僕のように。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする