どうやらチニングのコツを掴んでしまった大淀川チニング(2020/8/17)【2020年8月釣行】

チニング

チニング界隈において「淀川スタイル」というのが流行っておりますけど

淀川は大阪なんですが、宮崎を流れる大河川「大淀川」が私のホームなわけです。一文字違うだけなんで大淀川でも本気出せば釣れるんじゃない?というポテンシャルを秘めているはずの川なんですが

 

マジでクサフグ大杉

 

という私の天敵により、チニングを真面目にやろうと思っては何度も心を折られ、また再開、というのを繰り返しております。

前からポツポツとチヌは釣れてたんですが、何でか知りませんが

 

1匹しか釣れない(ただし狙えば1匹はほぼ確実に釣れる)

 

というジンクスがありまして、このジンクスを破れるのか、フグとどう戦うのか、というのが私のチニング最大テーマなわけです。

 

で、久々にちゃんとチニングやってみたら

このジンクスを破れないまま2年位経っているわけですけど、先日ふと思い立ってチニングをやってみたわけです。

その際参考にしたのが、淀川スタイルを確立したもりぞーさんのこちらの動画。

私シルベラード(ベイト)持ってたんですけど、普段9ft以上のベイトロッドばかり使っているので馴染めず手放したんで、今は何でもロッド「ブラックスター 2nd S78」でやってるわけですが

参考にしたのは「ロッド操作」の部分ですね。このシェイクやふわっとしたアクションを、なんとなく覚えていたんで、フリーリグと共にやってみたらですね、、、2投目であっさりキビレをゲット。

 

あ、もしかしてこういう事だったんだ

 

という感触をその時掴みまして、改めてやってみたのが今回。前置き長い(笑)

 

入ったのは満潮から下げに変わった1時間後くらいのタイミング

本来ならシーバスを狙うようなタイミングなのですが、ちょこっと夜ポッパーで釣れないかなと試したものの反応が無かったのでさっさとチニングに変更。

流れはまだ早くないタイミングですが、フリーリグとワームは「チャンクロー クロダイVer. 2.8インチ」を使用。

 

 

私チニングではジャッカルのチャンクローを愛用してまして、6本入で500円以下と割と安い部類に入るのによく釣れます。

 

で、早速やってみると・・・2投目でいきなりゴツン!とバイト。

まずは幸先よく1匹目をゲット。

 

しかしここでジンクス発動

何回かアタリはあるものの掛からず、そして多少フグが居るようで1本目のワームがボロボロになったんで交換。

その直後の1投目・・・

 

ガッツリ根掛り

 

ここでジンクス発動・・・リーダーを組み直すかの選択を迫られます。めんどくさいので帰るという心を振り切りまして、リーダーを組み直し。

さらに若者が近くで花火を始める始末・・・。案の定アタリがちょっと遠のきます。

 

しょうがないので少し離れたところに移動、そして連発

人の気配が強いとチヌは釣れないので、花火をしている若者から少し距離を置いてみます。

そこで諦めずに何投か投げていると、、、ゴツゴツ!と力強いアタリ。これはチヌだと確信。

 

ジンクスを破る2匹目をゲット。ここから5投に1匹くらいのペースで連発です。

 

 

 

結局サイズとしては20〜25cmくらいの小型ばかりだったのですが、終わってみると6匹ゲットの個人記録更新。

たぶん粘れば2桁は超えてるペースでしたが、ワームが1袋無くなったのでここで終了。

ロッドアクションでこうも違うものか・・・という釣行でした。

 

使ったタックル

・ロッド ゼスタ ブラックスター セカンドジェネレーション S78

ライトゲームの何でもロッド、素晴らしい。チニングにも良いですね。

 

・リール ダイワ レガリスLT2000S

ハイギアじゃなくノーマルギアの巻取り量のリールを試したくて買ったんですが、、、お試しのつもりが普通に使えて割と満足している一品。

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥7,176 (2020/09/25 14:29:11時点 Amazon調べ-詳細)

 

これにピットブル0.4号、リーダー2号という細仕掛けなんで、40UPとか来るとキツイ気もしますが、何よりスリリングなやり取りになるのが良いんですよね。細いラインだと飛距離も出ます。

 

という事で2時間程度で6匹、というペースだったので、これは2桁釣果も時間さえかければ行ける気がするので、今度やってみようと思います。

 

タイトルとURLをコピーしました