デカいリップが特徴的な「ポジドライブガレージ クレイジーツイスター80S」のインプレ

さすがにルアー買いすぎた事もあり、あまり今年はルアーを買っていない(といっても例年より買ってないだけで、常人よりはたぶん買っている)わけですが、ちょっと気になっていたルアーがありまして、それがポジドライブガレージの「クレイジーツイスター80S」なのです。

というわけで買ってきました。

横から見た時のこの「特徴的なリップ」がこのルアーの最大の特徴なのですが、私以前も書いた気がするんですけど、いわゆる「ロールアクション」の出るルアーが好きなのです。

元々はダイワの「モアザン シャロール」にこれ系の動きを期待してたんですが、意外とシャロールはウォブリングも入ってしまうので、「純粋にロールアクションが出るルアー」というと、そこまで多くない印象です。

というわけで投げてきたのでインプレ。

クレイジーツイスター80Sのスペック

全長:80mm

重量:12g

レンジ:70〜120cm

フックサイズ:#5

といった感じのスペックで、少しレンジが入るルアーなので、今のハクパターンに強い、というよりはもう少し先の季節で活躍しそうなルアーです。

投げてみた

まず飛距離。

はっきりと申し上げるならば・・・

普通よりちょい飛ぶ

という言葉がぴったりな気がします。全然飛ばないという事もありませんが、極端にぶっ飛ぶルアーでは無い印象です。といっても必要十分な飛距離は出ますのでその点はご安心を。

(※ベイトタックルで投げたのでもしかするとそれで飛距離が落ちてるかも)

そして肝心のアクションについては、少し早めに引けばタイトロールアクション、普通の速度でもロールアクションはちゃんと出ます。

ウォブリングアクションはほぼ出ないと言っても良い。

ロールアクションをメインにしたい場合、このルアーはよく出来ていると思います。

フックサイズも#5ということで、フッコ以上のサイズにも全然対応可能。

そしてレンジ。

レンジキープは非常にやりやすいのですが、足場が高いとその分レンジが上がってしまう感じがあります。なので印象的には70〜100cm潜るというより、もうちょっと上を引いている感じの印象になりますね。

レンジを入れようとあまりにゆっくり引くと、後の動画で分かるように「I字系のアクション」になってしまい、肝心のロールアクションが出にくくなります。

といっても別に釣果がそんなに変わるのかは不明(笑)

ちなみに一番気に入ったのは、こちらも動画で紹介されていますが、「流れを感じやすい」という点かなと思っています。

流れの境目にシーバスは付いている事も多く、流れの強弱を感じられるルアーは重宝しますね。

少しレンジが入ってしまうため、ハクパターンではまだ使いにくいルアーではありますが、80mmというサイズなので、サイズ的には年中使えるサイズです。

スイム動画


とても分かりやすい動画ですね。

タイトロールアクションも動画でよく分かります。

ちょっと気に入らない(困った)ところ

この特徴的なリップであるが故に、1点問題があります。

それは、、、

MEIHOの100mmサイズケースに入りにくい(入らなくはない)

まあ、入らなくはないのでそんなに文句は無いんですが、ワタクシ個人的には「1つのケースに大量に詰め込む」よりも「ちゃんと仕切りのあるケース」が好きなのです。

あのフックが引っかかってルアーをガチャガチャやって取り出す、という行為が嫌いなのですね。

ある程度レンジが入るという意味では「アリ」なルアー

割とロールアクションが強めなルアーというと、個人的にはimaの「コスケ」なんですが、コスケはフローティングなのであまり極端にレンジが入るルアーではありません。

その点、クレイジーツイスターのほうがレンジが入るので、今の所「他で替えが効かない所を攻められるルアー」ではないかなと思うわけです。

(実は他にもあるのかもですが、私が知らないので)

近しいルアーというと・・・「ローリングベイト」になりますかね。

ローリングベイトとの違いというと、あまりまだ使い込めてはいないのですけど、少しローリングベイトより遅い巻きでもアクションが出るかな、という感じはします。

後はクレイジーツイスターのほうがレンジキープはしやすい気はします。

ローリングベイトは良い意味で浮き上がりが良いので、それはそれで使い分けかなと。

表層系のルアーで出ない時、意外とコイツが活躍してくれるんじゃないかな・・と期待。

ちなみに、釣れそうなんですがまだ釣れてません(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする