2018ダイワ新製品「18フリームス」「18カルディア」の動画が公開!さらにLTコンセプトの強化ポイント解説も。

さて先日速報としてダイワから「18フリームス」が出る事をお伝えしましたが、4年の周期を経て「18カルディア」も発売されるそうですよ!

ダイワの「LTコンセプト」に沿ったスペックにて生まれ変わった「18フリームス」「18カルディア」なのですが、早速動画が公開されています。

まずは18フリームス

2500番サイズで「60gの軽量化」という驚異的な軽さ(というか前が重すぎた)になっています。

15フリームス=265g

18フリームス=205g

というかなりの軽量化。

205gということで、実売15000円以下くらいのリールではかなり軽量な部類に入ると思います。

何となくデザインはシマノの17アルテグラみたいな配色・・・という感じですかね。僕は前のフリームスのデザインのほうが好きなのですが、そこは好みの問題ですかね。

主な「LTコンセプト」によって生まれ変わった特徴としては、

・軽量化(ボディ、ハンドル、スプールの見直し)

・ギアをタフデジギア(歯面を大きくして頑丈に)

・スプールの形状を変更(ロングキャストABS)

・ラインストッパーの変更

・ドラグノブの大口径化

・ねじ込み式ハンドル

というかなり大幅な強化。

これが1万円台半ば、という価格帯になるとかなり強力なリールですよ・・。

<追記>

僕は18フリームスLT3000を購入しました。

インプレはコチラ

想像より良いリールです。コスパやばい。

18カルディア

そして18カルディア。僕も14カルディア2508Hを持っていますが、1回転95cmのハイギアなのに非常に巻きが軽い良いリールでした。

カルディアは元々軽量なリールでしたが

14カルディア2500番 = 220g

18カルディア2500番 = 190g

ということで「30gの軽量化」になっています。190gというとセオリーの2500番と同じくらいですね。

変更点としては

・軽量化(ボディ、ハンドル、スプールの見直し)

・ギアをタフデジギア(歯面を大きくして頑丈に)

・スプールの形状を変更(ロングキャストABS)

・ラインストッパーの変更

・ドラグノブの大口径化

元々カルディアはねじ込み式ハンドルだったので、フリームスに比べるとちょっとインパクトが薄いのと、セオリーとの差が元々分かりにくい位置付けだったのに、さらに分かりにくくなった気がします。

というかセオリーがオワコン化ですかね・・・持ってるのに・・・(笑)

価格帯が気になる所です。完全にセオリーとバッティングしてる気がするんですよね。。

<追記>

遂に発売になりましたね。

その他特徴ピックアップ

LTコンセプトで新しく分かった変更点として

・スプールの形状変更

があります。先の画像を見ると、かなりスプールエッジが丸くなった感じがしますね。

これにより「5%の飛距離アップ」が見込めるそうです。

飛距離アップは嬉しい所ですが、ダイワの場合スプールが高いので、安くなると一番良いんですけどね・・(笑)

さらにスプール自体もかなり軽量化されているようです。

他には

・大口径化されたドラグノブ

・新形状のラインストッパー

があります。

大口径化されたドラグノブは、最近のシマノのリールがほとんどこうなっているので、もうそういう流れになってる感じですね。

で、シマノリールでイケてない点が正直「ラインストッパー」だと思っているのです。

あの矢印みたいな形状のラインストッパーって誰かメリットあるのかと・・・。

というラインストッパーですが、動画から抜き出すと台形状のものになるっぽいです。

使いやすいかは正直試してみないと何とも・・・という感じではありますね。

という、気になる点をピックアップしてみました。

セオリーとカルディアの位置付けなど、いろいろと聞きたいことが増えてきたので、来年1月のフィッシングショーで直接ダイワの人に質問して来ようと思っています!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする