このリール、コスパ良好。「20エクスセンスBB」ベース機のアルテグラの機能を大幅改善。

シーバス

あまり注目されていないけれど、コスパの高い「20エクスセンスBB」

 

釣りフェスティバルでもそんなに注目されていない・・というとちょっと失礼ではありますが、シマノの方が「もっと注目されてもいいのに・・」と仰ってました(笑)

どうしてもハイエンド機種が注目されがちですが、こちらの「20エクスセンスBB」結構良いと思うんですよね私。

 

 

エクスセンスらしく黒をベースにしたカラーリングも良い感じです。

残念ながら若干チープな感じはありますが、こちら定価が19,000〜20,000円という事もあり、

 

実売では1.5万を切る価格になる

 

という点を考えると、結構良い感じだと思うわけです。

 

20エクスセンスBBのベースは17アルテグラなんですが

 

ベース機種はどうやら「17アルテグラ」みたいなんですけど、アルテグラで不評だった機能が大きく改善されています。

 

 

例えば、、「ワンピースベール」

こちらベールが一体成形になっていて、継ぎ目のライン絡みが無いベールになっています。

そして17アルテグラは撥水をメインとした「コアプロテクト」なんですが、20エクスセンスBBは最新の「Xプロテクト」になっています。

特殊撥水グリスによって撥水&ラビリンス構造による塩水の侵入を防ぐ機構なのですが、私の「18ステラ」「19ヴァンキッシュ」共にXプロテクトになってから特にトラブルもありません。

 

シーバス用の便利機能も

ちゃんと「シーバス専用機」としての機能も備えています。

それが「ラピッドファイアドラグ」なんですが、こちら少しのドラグノブ調節で大きくドラグ力が変えられる機構なんですけど、シーバスって

 

・掛ける時はドラグ固め

・ファイト時は暴れるショックを吸収するためにドラグを弱めに

 

という調整をする方も多いと思うのですが、これが少しのドラグ操作で変えられるので、素早くチェンジ出来るわけですね。

この機構はシーバスでは嬉しい機能です。

 

20エクスセンスBBの弱点は自重かなと思われますが

出典:シマノ

 

最新のリールに比べると若干自重が重い傾向にはあります。

ステラの同番手と比べると20g程度重くなっていますが、

 

価格が4分の1程度

 

という事を考えると、巻きが主体になるシーバスゲームではそんなに影響は無い気もします。

 

という事で20エクスセンスBBまとめ

 

簡単にまとめると

 

・17アルテグラの不評だった機能を改善(Xプロテクト、ワンピースベール)

・価格はかなり安い

・シーバス用の機構も備えている

 

サイレントドライブのような最新の機構は備えていませんが、正直19ストラディックのサイレントドライブとか微妙(やはりステラじゃないと)な気もするので、シーバス入門者にはこちらのほうがオススメですね。

 

 

私個人的にオススメの番手は「3000MHG」かなと思います。

4000番が多く使われている気はしますが、シーバス用ルアー自体はそんなにパワーも必要じゃないのでこのくらいで十分かなと。

メタルバイブ主体の場合は巻きパワーのある「4000MHG」あたりも良いかと思います。

XGギアは回収早いですが、シーバスは割とスローに誘うことも多いのでHG程度のほうが良いかなと思います。

タイトルとURLをコピーしました