ダイワの2019低価格帯ベイトリール「バスX」低価格なのに見た目良好。

シマノから低価格帯のベイトリールとして、「バスワン」「バスライズ」が出ていまして、5000〜8000円程度といった低価格帯なのに、飛距離も十分で使えるリールとして、結構youtubeに検証動画などが上がってたりしますね。

さっき調べてみたら18バスライズなんてほんと5,000円ちょい、という価格です。

下手すると5,000円切ってたり・・恐ろしい。

という感じで低価格帯のベイトリールはシマノが強い印象なのですが、(というかダイワってここまで低価格モデルが無い?)満を持してダイワからも低価格モデルが登場です。

バスX(リール)について

「バスX」というロッドのシリーズがあるのでややこしいのですが、今回2019新しくリールも登場します。のでリールもロッドもどちらも「バスX」ブランドで登場ですね。

見た目はこんな感じで、中々高級感がある感じがしますね。

お値段は今予約受け付けしている分で、大体7000円前後といった価格帯のようです。

バスXのスペック

右巻き、左巻き両方リリースされますが、どうやらハイギアモデルのみのようです。

ギア比:7.5

巻取り長さ:75cm

自重:195g

最大ドラグ力:5kg

標準巻糸量ナイロン:12lb-100m、14lb-90m

スプール径:32mm

ハンドル長:90mm

ボールベアリング/ローラー数:4/1

せっかくなのでバスライズ、バスワンXTのスペックも比較用に載せましょう。

こちらが18バスライズ。

こちらが17バスワンXTですね。

バスワンXTのほうが丁度ライバル機にあたる気がしますが、違いという点で行くと

・自重はバスXのほうが15g軽い

・スプール経が異なる(32mmと34mm)

その他にも細かい点では異なるのですが、ベアリング数も同じように見えるのと、実売価格はほぼバスワンXTと同じくらいのようです。

まあ正直どっちが良いのかと言われると難しい(まだ発売されてないし)のですが、スプール経を考えると

・近距離用、操作性重視 バスX

・遠投もしたい、汎用性重視 バスワンXT、バスライズ

と、なるかなという気がするので、思ったよりバッティングする製品でも無いかもしれません。ちなみに僕はベイト素人なので間違ってたらごめんなさい。

バスXの分かっている機能

・MAGFORCE搭載

・アルミ製32mmスプール

・海水対応

・アルミ製90mmハンドル

といった感じのようです。

とにかく低価格なので、予備リールとしても良さそうですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする