「ダート」「水平フォール」「ウォブリング」三拍子揃ったXestaの「ハイパーヘッドタッチダウン」買ってきた

以前ライトゲームをちょこちょこやっていた時にメインで使用していたジグヘッドが、Xestaの「スターヘッドタッチダウン」でした。

この「スターヘッド タッチダウン」ですが、特徴として

・ダート

・水平フォール

・ウォブリング

を発生させる事が出来、ちょっとアイが小さいという点以外は使い勝手も非常に良くて重宝していたんですけど、最大で5gまでしか無く、ライトゲームの域を出ないのが非常に残念でした。

サイズアップの「ハイパーヘッド タッチダウン」が登場

出るのは知ってたもののすっかり忘れて時は流れ・・・

かめや釣具に立ち寄ったら売ってたので思わず購入。

2個で430円ちょい、と決して安くはありませんが、形状はスターヘッドタッチダウンを継承しており、なかなか良さそうです。

ハイパーヘッドタッチダウンの特徴

出展:xesta

スターヘッドタッチダウンはキレのあるダートアクションと水平フォールを得意とし、ライトゲーム専用でありながら実に多くの魚種を魅了してきた。このままライトゲーム専用として埋もれてしまうのはもったいない。我々の新たなチャレンジングスピリットに火がついた。大型ロックフィッシュやタチウオ、シーバス、フラットフィッシュなど様々な魚種を釣りたい。開発コンセプトはこの一言に尽きる。下部に設けられたアイによりボディ下部からアタックするターゲットフッキング率を上げることができる。ショアジギングやエギングの合間などに投げてみると、思いがけない魚種と出会えるかも知れない。

と、スターヘッドタッチダウンを継承している感じの説明ですね。
無かったのが「アシストアイ」で、ここにフックをセット出来るようになったので、下から食い上げる太刀魚にも使えるようになりました。

ジグヘッドにある窪みが生み出す、ウォブリング性能もそのまま残っている事に期待です。

サイズは

7g、10g、14g、18g、21g、28g

と結構小刻みに豊富なのが嬉しいですね。どれも2本入りで450〜520円という価格。

さらに大型の「ダート」タイプもあります

出展:xesta

さらに大きなサイズでダート性能を向上させた、「ハイパーヘッドタッチダウン ダート」も発売されています。

サイズが40g、60g、80g、100gとオフショアにも対応できる重量。

太刀魚ジギングやシーバスジギングなどを中心に、食いが渋い時にワームを使ってみる、という使い方で効果がありそう。

僕の用途

ちなみに僕は陸っぱりからのシーバスで使おうとしてます。

僕のホームではVJ-16でセイゴサイズが中心ですがシーバスがボコボコ釣れるんですけど、他のルアーでの反応が渋い・・・という状況。

普通のジグヘッド+ワームではあまりアタリも無い状況でも、VJ-16だとアタリがあるのが日常茶飯事。そのくらいVJ-16は凄いです。

VJ-16の微振動が良いのか・・・?

という推論から、微妙にウォブリングしてくれるハイパーヘッドタッチダウン+ワームでどうだろう?というのが試したいのです。

釣れなかったらVJ-16を投げ続けます(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする