根掛かり回避性能抜群のOWNER「投技ジグ」。軽量なスーパーライトショアジギング用に最適かも。

僕のキング・オブ・スタンダードなメタルジグはメジャークラフトの「ジグパラマイクロ 15g」なのです。家にストックが常に5〜7個ほど用意されてまして、ロストしても大丈夫な体制を築いているわけですけど

やはり根掛かりは辛い

わけです。ジグパラマイクロだから根掛かるというわけではなく、ボトムを取る釣りをする以上、根掛かりは永遠のテーマなわけです。

もちろん、根掛かりの多い場所ではトレブルフックを外したりすることで根掛かりは激減するんですけど、「さらに根掛かりしない」というものがあれば大歓迎ですよね。

というところに登場した「投技ジグ」

激投ジグ、という超有名なジグがあるわけですが、そんな「激投ジグ」を発売しているOWNERより、「投技ジグ」というジグがリリースされました。

出典:OWNER

細身のシルエットでカラーラインナップも豊富な感じです。

ただ細身なだけであれば、これまで既に似たジグはあったと思うのですが、分かりやすいのがこちらの説明画像。

細身なので飛距離は抜群、抵抗が少ないのでシャクっても疲れない、というのはシルエットから分かる点ではあるのですけど、やはりこの「着底後ハリ先が上を向く」というのがポイントで、これでちょっとした根掛かりはかなり防げるのでは無いかと思うのです。

当然ながらOWNERですのでフックの鋭さも抜群。

あまりにも岩場がキツイ状況では根掛かりは避けられないかもしれませんが、僕がよくやってるところでは、「概ね砂地だが、岩が点在している」という場所なので、これであれば全く根掛かりしないのでは?という気がします。

そして嬉しいのが、「15g」「20g」というスーパーライトショアジギングに適した重量のジグがリリースされている事ですね。

僕は最近はスーパーライトショアジギングしかしませんので、メインは15g程度になりますので、丁度よい重さのジグになるわけです。

個人的オススメカラー

僕は最初に「ピンク系」を投げて、その後に「ゼブラグロー」を投げます。
(但し夜やまだ暗い時間はゼブラグローのようなグロー系しか投げません)

ピンクはやはり実績が高いのと、いろんな魚に効果的な気がしますね。

残念ながらゼブラグローカラーが無いので、ゼブラ系で強いて選ぶならゼブラキャンディーですかね。

太刀魚狙いなら、グロピンゼブラのほうが良いかも。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする