格安ランディングネットを実現するには。

釣り

シーバス釣りする人が背中に背負ってるランディングネット。

TVや動画を見ていると、サッと出してランディングに持ち込めています。

ただ・・・ランディングネットって結構高いんですよね・・・・。

というわけで、僕あんまりネット使わないんですけど(カンパチ釣った時に大きさが足らなくて困ったから)、エギングとかには確実に必要なので、なるべく格安で実現する方法、というか僕がやってるものを紹介します。

ランディングネット・ポール

ナチュラムオリジナルブランド「バッカニア」のライディングネットを使っています。5000円くらいでネット+ランディングポール+カラビナ付きです。

タモジョイント

タモジョイント、とはネット部分を折り返している結合部分の部品です。

2016-07-03 16.49.14

これで折り返しているわけです。取付用の六角レンチが付いているので、誰でも取り付けられます。ジャベリンライトにもちゃんと付きます。

3000円くらいですかね。

マグネットリリーサー

最後の秘密がこれです。

この強力なマグネットがタモとベストを結合しており、強く引っ張れば取れるのと、かざせばくっつくので、素早く取り出す事が出来るわけです。

思ってるより磁石は強力なので、歩いてる程度では落ちません。

という部品を組み合わせて、ランガンスタイルが出来ているわけです。

合計しても、1万円以内で実現出来ますね。

 

他の選択肢

但し最初のほうに書きましたけど、ジャベリンライトでは高さが足らない場合は、ダイワのランディングポールなどの別製品を検討する必要があります。

また、ジャベリンライトはネット部分が小さいので、カンパチ入りませんでした、というようにシーバスもちょっと厳しい大きさですので、その場合はネット部分を変えてしまえば同じことは出来ますので。

さらに安い商品

メジャークラフトからもファーストキャストのランディングポール+ネットが発売になっています。品切れ続出ですが、安いですね。

 

こちらのほうが縦55cm×横47センチなのでネット部分がジャベリンライトに比べて大きいです。シーバスにはこっちのほうが良いですね。これにタモジョイントで値段はジャベリンライトと変わらないです。また、シーバスをランディングする際は「網の目の大きいもの」を選んだほうが良いです。フックが絡んだらなかなか取れなくなるので、網の目の細かいものはシーバスには向かないですね。

ランディングで失敗しないよう、ネットはやはり持っておいたほうがいいです。

2017/2/25追記

さらに安いマグネットリリーサーがありました。

600円ほど。安い!

タイトルとURLをコピーしました