久々の魚といつもの魚を釣り上げる大淀川ライトゲーム(2020/12/12、13)【2020年12月釣行】

ライトゲーム

天気も良い週末でしたので、まずは12/12の釣行から

昨年までは割と早朝、ナイトゲームも頑張ってやってたんですが、今年はどうも寒い中行く気がしなくてですね、相変わらず気温が上がったAM9:00以降に出撃する、という自堕落釣行を行っております。

普通のアングラーであれば釣りたい魚に合わせて時間帯や潮汐を見て行くわけですが・・・最近の私は「遅い時間に行っても釣れる魚を狙う」という釣行になっております。ある意味スキルが付いたからそんな事が出来るような気もしますが。

てなわけで今回もメッキを中心に何かその時居る魚を釣る、ということで。

 

珍しく先行者あり

どうやら最近宮崎港はサゴシ、太刀魚が居るので人が多いそうですが、私はそういうターゲットをめったに狙わないので快適な釣りを展開しておったんですけど、珍しく通っているポイントに先行者あり、です。AM9:30に到着なのでもっと早く行けよという話なのですが。

本来は橋脚の影になる箇所を狙いたかったのですが・・・仕方なく流れのヨレを中心に狙っていきますが、全くアタリなし。

粘ってもしょうがないと判断し、少しづつ移動することに。

で、2回ほど場所移動し、最終的に最近たまに行くポイントに到着。このポイントは何ら影になるようなストラクチャーが無いので、どちらかというと朝夕マヅメ時が良いのですが、この際しょうがないのでメッキが居ないかチェックをしてみます。

 

ということでチョイスしたのはいつものジグパラマイクロ。何となくレッドゴールドを選んでみました。

 

created by Rinker
Major Craft(メジャークラフト)
¥550 (2021/10/17 21:24:54時点 Amazon調べ-詳細)

 

普通レッドゴールド(赤金)はマヅメ時だったり、濁りがある時に使うのが定番なカラーなのですが、別に釣れないわけじゃないのでたまに投げたりします。

で、投げること10投ほど・・・足元にテトラがあるので、そのギリギリに落とし、回収しようと思ったら、グイッっと何かが引っかかります。

 

ゴミ?根がかり?

 

と思ったら、何やら急に引き出します。

足元のテトラに入られないようにゴリ巻き・・してみると久々のヒラメ。

といっても30〜35cmくらいのソゲサイズなのでリリース。カニを吐き出しましたのでベイトはカニのようです。

この後は全然反応が無く、この日は終了。

 

12/13の釣行

相変わらずの重役出勤、さらに酷くなりポイントに付いたのはAM10:00を過ぎてからという堕落ぶり(笑)

ただポイントは誰もおらず空いてました。

天気も良く、橋脚の影に魚は集まる条件が揃っております。(先週は曇っていて魚が影に付かなかった)

 

ということで思ったとおりの連発劇。

メタルジグでもマイクロワインドでも反応があり、とりあえず7キャッチ。

しかしこの後ド干潮を迎えてしまい、全く反応が無くなります。

 

影を諦めて少し下流側に移動し、ちょっと広範囲を攻めてみよう、ということで15gジグへチェンジ。

でもやっぱりジグパラマイクロ。

 

 

扇状に攻めていこうということで投げること3投目の正面。

前日ヒラメが釣れてるので、ボトムから2〜3シャクリで着底させる、といういわゆる底べったりの奴を狙ってみます。

で、最初にまず着底、2〜3シャクリを入れてフォール、さらにボトムを取ってからジグを跳ね上げようとすると・・また根がかりのようなグイーッと引き込むようなアタリ。

しかし引くのは最初だけ・・・となるとアイツです。

ニベちゃんでした。といっても35cmくらいはありそうです。頭が尖ってないのでオオニベでは無さそうです。

2時間程度でしたが、サクッと釣れたので納竿しました。

 

今回のタックル

・ロッド アブガルシア エラディケーター ベイトフィネス EBTC-710ML+PF

エラディケーターのパワーフィネスモデル。15gジグを使うぞ、と思っている日に使います。といってもマイクロワインドでも使えるので割と万能。

 

・リール ダイワ アルファスAIR TW

スティーズCTと常に「どっちが良いか」を迷わされるリール。飛距離は断然アルファスAIRです。のでこっちを使いました。

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥29,449 (2021/10/17 13:08:48時点 Amazon調べ-詳細)

 

しかしベイトフィネスタックルばかり使っているのですが、ジリオンSV TWとアルファス SV TW予約しちゃったんですよね・・何に使おうか。

 

タイトルとURLをコピーしました