なるほどー。エコギアのグラスミノーは「ダート」の釣りにも使える。

エコギアのグラスミノーと言えば、超定番のワームだったりするわけですけど、普段は「シャッドテール」部分がピロピロっと動いてですね、魚を誘うわけなんです。

根魚・フラットフィッシュ・シーバスまで定番のワームで、価格もそんなに高くない上、何と言っても

どこの釣具屋でも大抵置いてある

という大きなアドバンテージがあるわけです。

さらに定番故にカラーも豊富。ヒラメ用、夜光カラー、いろいろとあります。

なのですが、いつもリトリーブの釣りやリフト&フォールといった釣りで魚が反応しない場合、魚の食いっ気にスイッチを入れるのが「ダート」の釣りだったりします。

いわゆるワインドとほぼ同じですが、ボトムワインド、ライトワインドといろいろと呼び方はありますが、まずは三角形のジグヘッドが必須。

安くて良いのがメジャークラフトの「ブン太」です。

300円台で5個入ってる、というコスパの良いジグヘッドです。

まず重要なのがこのジグヘッドなのですが、ワームも「ダートに対応している」必要があります。そうじゃないとあまりダートの動きが良くありません。

なので、普通は「ドリームダート8」とかのダートに特化したワームを使うのですけど

・ワームを切らした
・家に忘れた
・フグに千切られた

という事がよくあります。

という時に、エコギアのグラスミノーをちぎる事で、ダート系のワームに変えられるわけです。この発想は無かった。

なるほどー、という感じです。
さすがにフグに千切られた時は思いっきり千切られる時や、齧られる時があるので常に使えるわけではありませんが。。。

というわけでグラスミノーは結構そういう意味で「オールマイティに使える定番ワーム」ではありますので、色を揃えると良いですよね。

結構いろんな釣りに対応出来るので、もっておいて損のないワームです。

もちろん、ボトムワインドしかやらない!という場合は専用のやつを買いましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする