LONGINの定番シーバス用ルアー「FRANKY(フランキー)」の公式解説動画が公開!釣られて買ってきた!

既に発売からしばらく経ってはいますが、LONGINの「シャローエリアを攻略する定番ルアー」であります、「FRANKY(フランキー)」の解説動画が公開になりました。

非常にためになる動画

この動画、FRANKYの解説だけではなく、シーバス用語で分かりにくい用語の代表格であろう、「ドリフト」の解説も入ってます。

例えばこちらの「アップストリームドリフト」

動画の1シーンを切り取ったものですが、他にも「アップクロスストリーム」などの場合もそれぞれ解説が入っていて、FRANKYを使う時だけでなく、他のルアーを使うときも参考になる動画です。

よく「アップクロスに投げて〜」みたいな用語が使われますが、こうやって図で解説されると非常に分かりやすいですね。

というわけでFRANKY90買ってきた

前から買おう、買おうと思っていたんですが買うタイミングを失っていて、本日たまたま釣具屋に行く用事があったので買ってきました。90mmのほうですね。

FRANKY90の特徴おさらい

ランカーハントミノーとして活躍する『フランキー120㎜』のコンセプトを濃縮継承したフランキー90㎜は、水掻きが強くアピールの大きな泳ぎでありながら、ボディシェイプとウエイトバランスの絶妙なバランスを追求。それにより、強い流れに対してもリップレスミノーのように水を受け流すことで引き重りなく巻いてこられる使い勝手の良さと、シーバスを魅了するハイアピールアクションというふたつの要素を完全両立。絶妙なボディ形状により、強い流れでも飛び出さないよう設定。120㎜と比べてよりブレのない飛行姿勢と飛距離を実現し、泳ぎ出しも極限まで早く作り込みました。

出典:LONGIN

「サーチベイト」としてシャローを引いてくるのに適したルアーになっているのがFRANKY。とりあえずまず一発目はFRANKY投げろ、というのを目指したルアーです。

僕はまずかっ飛ぶルアーを投げる(ダイワのスイッチヒッターとか)事が多いのですが、いよいよ暗くなってきたなー、という時はエリテンEVOなどを投げます。

これがそのエリテンEVOの位置に来てくれないかなー、と期待のルアーです。

FRANKYの仕様

フランキー
全長:90mm ウエイト:13g Floating
交換推奨フック:#6
定価:1,800円+税

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする