常用しているツール紹介。リアルメソッドのエキスパートプライヤー。

釣りで必要な道具として「プライヤー」がありますが、私が常用しているツールをご紹介します。

えっ、興味がない?そんな野暮な事を言うのはやめましょう

というわけで使っているのが、こちらのリアルメソッドのエキスパートプライヤー

右側のプライヤーは既に数年使ってますが、ちょっとPEラインのカット時の切れ味が落ちていますけど、今だに現役です。

左はタックルバッグを変える時にいちいち付け替えるのが面倒なので追加購入。

オススメなのは数年使って実績もあり、とある遊漁船の船長さんも使ってた、右のエキスパートプライヤーです。

ざっと機能紹介

出典:タカミヤ

・スプリットリング外し

・ハリ外し

・ガン玉つぶし

・ラインカッター

・スパイラルコード付属

という充実装備です。ちなみに注意点があるとすると「スプリットリング外し」については#0などの小さいサイズは使いにくいのでダメです。

小さいサイズのスプリットリングには、スミスのやつを愛用してますね。

こちらは#0〜#3に対応しており、使いやすいです。

ちなみにリアルメソッドのエキスパートプライヤーは定価が2980円で、セール時などに2380円くらいになりますので、セール時が狙い目です。

もっと安いプライヤーを使うとどうなるかというと

700円くらいのものも世の中にはあるんですけど、正直ですね

すぐ錆びます(笑)

ちょっと常用辛いレベルで錆びますので、あまりオススメしません。

淡水使用しか絶対しない、という事であれば大丈夫かもですが、ソルト使用するのであれば、確実に3000円程度以上の防錆対策されているものが必須です。

というところで、数年使って少しラインカッターの切れ味が落ちたな、というところはありますが、PEだけちょっと切れづらいだけで、フロロラインなどはサクッと切れます。

安いものを使ってて錆びるのが嫌だ、という方にはオススメです。

 オフショア用途にはビッグゲームなんてものもあり

先のエキスパートプライヤーは陸っぱりの釣りには何ら問題ありませんが、オフショアの大物狙いという事であれば、さらに大きなスプリットリングを開ける必要もあるので、「エキスパートプライヤー ビッグゲーム」のほうが良いかもですね。

こちらは使用したことはありませんが、エキスパートプライヤーでも十分に防錆加工されてますので、こちらも対策は十分なのではないかな、と思います。

とはいえ、「絶対に錆びない」というわけではないので、釣行後は真水で洗うなどのメンテナンスをしておくと長持ちすると思いますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする