【初心者向け】PEラインを買う時の注意点。

初心者向け

 

現代のルアーフィッシングで欠かせないラインが「PEライン」なわけで、僕も持っているリールに全てPEラインが巻かれているわけでありますが、、、

かなり安くなったとは言え、千円以上はする

というモノではあるので安いものを買い貯めしたりしてるわけです。

ということで今家に備蓄されているのがこちらのラインなんですが・・

 

値段に釣られて・・・

この「PeeWee」というPEラインですが、もの凄く安いんですよ。

Yahoo!ショッピングで150Mが「800円」という激安価格なんです。

上に映っているメジャークラフトの「弾丸ブレイド」も激安なんですが、実売価格がさらに安いんですよね。

僕が思うPEラインの良し悪しというのは単純で、結局のところ

1.ライントラブルが少ないか

2.毛羽立ち・色落ちが少ないか

という2点だけで、ぶっちゃけ2はしょうがないので1が問題なければOKと思っているのです。ライントラブルというのは、いわゆる「ダマ」というPEラインが結ばってしまう状態が頻発する、ガイド絡みが起きやすい切れやすいというものです。

「ダマ」が出来るかどうか、ガイド絡みが起きやすいか、という点については、ライン自体に「コシ」があるラインだと軽減されるのですが、こればっかりは各所レビューを見るか、最後は自分で使ってみるしかありません。

というところで先程の激安PEライン「PeeWee」は今のところそんなに問題無いんですけども、買う時に1点失敗したなぁ、、、と思う所があって、それは

値段に釣られて、ポンド表記を見てなかった

という点なのです。

 

具体的にどこかと言いますと

ここなんです。

PEラインって各社「太さ」の定義がバラバラという問題がありまして、同じ「0.6号」でも

製品によって太さが違う

という事があります。

詳しい人なら写真のポンド表記(8lbという部分ね)で気づくと思うのですが

0.6号の割にはやたら細い

という事なのです。他社でいう0.4号くらいですかね。

僕がよく使うのが0.6〜0.8号のラインなのですが、例えばYGKの「G-soul X4 Upgrade」の場合ですと、こちらのラインは以下の特徴があります。

(社)日本釣用品工業会釣糸部会制定の「PE糸の太さ標準規格」に準じたハイクオリティーPEライン。 号数はジャパンユニットである。「0.8号」表記を用いるのであれば、ジャパン規格の0.8号糸であるべきでしょう。(中略)

出典:YGK

「ジャパン規格」に則ったPEラインなわけです。

というラインを基準とすると、「8lb」は0.4号となるわけです。

Amazonにある中国製の謎PEラインとかだと、「やたら太い」という事があるのですが、まさか「やたら細い」というのは気にしてませんでした・・・(笑)

 

わかっていれば別に8lbラインでも問題無いんですけど、「1つのチェックポイントとして」事前に見ておけると良いと思います。

 

タイトルとURLをコピーしました