法律改正によりオフショアのライフジャケット着用が義務化!法律対応のものを探してみた。

さてオフショア釣行をする人であれば最近気になるのがこの「ライフジャケット着用の義務化」だったりすると思うのです。

しかもこの法律、「船長に罰則」なので中々厳しい法律です。

オフショア釣行する人は知ってると思いますが、海上保安庁の船とか結構その辺に居たりするので、黙っとけばいいか・・というような話でもありません。

この話はパズデザインさんのブログ記事が詳しいです。

国土交通省のページはこちらにあります。

というわけでライフジャケットを新調せねばならない

先程のパズデザインさんのブログを見ると、法律自体はもう施行されてますが

実際に処罰されるのは2022年2月1日より

ということでぶっちゃけ「処罰はまだ先じゃん」という話ではあるのですが、まあ処罰云々より「ちゃんと自分の命は自分で守りましょう」というお話でもありますので、法律に対応した「桜マーク」付きのライフジャケットを物色してみました。

ちなみに桜マークっていうのはこれです。

出典:国土交通省HP

「型」って何だよ・・・という気持ちでいっぱいですが。

というわけで探してみた

ちなみにいくら命を守る物といってもお金そんなに無いんですよ、という人が大半ですよね。

・激安5000円以下で桜マークが付いているもの

探せば安いものもあるようです。オフショア釣行だけと限定すればカッコよくないやつもありか・・・?

・肩掛けタイプ(BSJ-2520RS)

一気に1万円を超えてきますが、、、肩掛けタイプでデザインも悪くないのはBLUESTORMのやつですかね。

・腰巻きタイプ(BSJ-5520RS)

こちらは腰巻きタイプです。安全性は肩掛けタイプより劣ると思いますが、夏は暑くないので重宝するタイプです。

遊漁船がレンタル用に用意したり、結構需要が急に来るものと思うので、早い目に用意しておきたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする