たまには小場所を選んでのデイチニング(2022/5/5)【2022年5月釣行】

チニング

釣りが週末の日課と化しているわけなんですが

雨降ったり激濁り、強風、という時は行かないんですが、大抵週末になると釣りに行くわけです。

年間何回行くのかと一度数えようかと思いましたが、1年が52週と考えると、多分100~150回くらい行ってる気がします。その割には大して上手くならないわけですが、自分で言うのも何ですけど「ポイント開拓を全然しない」人なんですよ私。

日課なのでいつものポイントに行って適当にシーバスかチヌを狙って終わる、というのが殆どなのです。

その結果4月の釣果、GW初めの釣果がひどい有様でして(セイゴくらいしか釣れてないのでもう書いてない)たまには遠征でもするかなぁ、と考えるものの、他にもやる事があるので断念、というのを続けております。

という事で遠征しないけどたまには違う河川でチニングです。

 

選んだのは川幅30Mくらいの小場所

普段は大淀川という川幅が200M~(よく知らない)の大河川で釣りしてるわけなんですが、大河川というのは釣るポイントは多いものの、狙いを絞りにくいというデメリットもあります。なので今回はたまには違う河川の小場所をセレクト。

最初は下流の方からスタートしてみるも特に反応なし。ちょうど満潮タイミングで入ったので下げで流れが出るのを釣りながら待ちます。

 

しばらく釣り上がっていると、クレイジーフラッパーにピクピクっと反応有り。

 

フグかも、、、ということで回収してワームチェックをしてみるが、特に齧られたような形跡は無いので、どうもキビレっぽい。

この後も反応があるも中々掛けられず・・というのを続けていたらやっとヒット。

サイズも小さいので甘噛み連発なのかなぁ、と思いつつ、とりあえずクレイジーフラッパーがボロボロになるまでは交換せずに続けていると・・・

一際大きなバイトがあり、ヒット!

最近セイゴばっかり釣ってたんで、一際強い引きの個体です。クロダイ?と思いましたが普通に良型キビレ。

といっても37cmくらい・・という所でしょうか。適当に測った感じですが。

さらにもう1枚をキャッチ。

この後もアタリはあるが・・

デイゲームなのに、2投に1回くらいはアタリがあるような高活性状況なんですが

 

全然乗らん

 

何でだ・・というところでワームをアーバンクローラーにチェンジ。

 

ワームのサイズを敢えて大きくすると良い、という事も聞いたことがあるんですが、ちょっと小さめにしてみます。

が、変わらず同じようにアタックしてくるも掛からず、という事が続きます。

 

という事でアクションを変えてみる

いわゆる「ボトムバンプ」で狙っていたんですが、ステイ中には全然アタリはなく、アクションの途中で反応があるんで、夏場で有効な「巻き」で狙ってみます。

アクションを変えてみたら、やっとヒット!

サイズは小さいけれども、「巻き」で反応があったので、もうそろそろトップでも狙ってみてもいい季節な気がしますね。

この後は潮位が下がりすぎ&風が強くなって来たので終了。

デイでの4枚は久々な気がしますが、反応はかなり多かったのでしばらくこの場所でやってみようかなと思っています。

が、大雨により状況がどうなるか・・。

 

今回のタックル

・ロッド エラディケーター ベイトフィネス EBTC-710MLT+PF

いわゆるパワーフィネスモデルなんですが、Max24gまでのルアーが扱える&張りがあるロッドなので、チニングでも活躍。

 

・リール 21アルファス SV TW

チニングから軽めのルアーを扱う季節のシーバスまでをカバーしてくれてるアルファスSV TW。

私がやる釣りが殆どこの1台で出来てしまいます。

さて、これを書いている5/6は結構雨が降ったので、この大雨後の状況はどうなるか・・。

タイトルとURLをコピーしました