6〜7ft台のトゥイッチングに最適なショートロッドが欲しいのです。Xesta、Tailwalk、Palmsから物色中。

今年は何やらメッキが居ないのですが(去年が1年中居たのでそれが異常な気もしますが)、メッキと言えば「トゥイッチング」で誘うのが定番の釣り方になります。

僕は割とロングレングスのロッドが好きなので、今パッと思いつくロッドで一番短いのが、メジャークラフトのクロスライド アジングモデルの7フィート5インチのモデルです。

ただロングレングスのロッドが多いと、やりにくい釣りが2つあり、トゥイッチングの調子の良さそうなロッドが今欲しくなっています。

その1 ヘチ釣り

これはトゥイッチングとはあまり関係ありませんが、ヘチ釣りはレングスが短いほうがやりやすいのです。

ヘチ釣りはどうしても小カサゴが掛かってしまうので、僕はあまりやらないことにしてるのですけど、チヌとかの落とし込みもちょっとやってみたいので、短いレングスのロッドが使いやすいです。

小さいカサゴ/根魚はリリース以前に釣らないという活動も必要ではないですかね。

どうしても弱っちゃいますし、リリースしても何十パーセントは死んじゃうというデータもありますからね。資源保護は大切です。

その2 散々言ってるトゥイッチング

メッキは表層をメタルジグで誘うのが定番の釣り方ですので、トゥイッチングがやりやすいロッドが最適になります。

その3 アキュラシー性の重視されるストラクチャー攻め

僕はバスフィッシング歴がほとんど無いのと、広い場所でメタルジグを何も考えずぶん投げ続けてましたので、キャストが下手なわけですが、

・デイゲームのチニング

・デイゲームのシーバス

これらはストラクチャーを攻める必要があるので、正確なキャストが必要になる釣りになります。そうなるとロングレングスのロッドは明らかにやりにくくなるので、ショートロッドが強いわけですね。

というわけで候補は以下

いくつか狙っているロッドがありますので、それをご紹介。

・Xesta(ゼスタ) ブラックスター TZ Tuned S66 Power Twitcher

先日書いた、「ブラックスター セカンドジェネレーション S78」の記事にあるように、僕はゼスタのロッドは結構気に入っているのです。
書きませんでしたが「継ぎ目がピタッとハマる」という点も結構気に入っています。
ブラックスターは全くズレません。

というところで名前に「Power Twitcher」と付くこのTz Tunedが欲しいロッドの第一候補だったりします。

・TailWalk SaltyShape BAY TWITCHER 68UL

コスパの良いロッドを量産し続けるテイルウォーク。
ライトゲームの超有名人キムソウ氏がテスターを勤めているので、ライトゲーム用ロッドも期待が高いです。
同社で最近出た「ライトゲーマーTZ」が本来的には本命なのですが

3万円は出せねえ・・・

ということで、80g以下の自重を実現しているのに1万円台前半で買えるロッドがこの「BAY TWITCHER」なのです。

・ショアガンエボルブ SFSGS-70L・TW

あくまでもリニアな操作性を実現しつつ、ワンランク大きなサイズのルアーをコントロールすることを可能にしたバランスが光る1本です。大型メッキをはじめ、デイゲームで狙うシーバスなどに最高のパフォーマンスを発揮します。

丁度価格帯的には真ん中の定価19000円。

ちょっとグリップが細い、というレビューをどこかで見まして、僕は手がデカいのでもしかして合わないのかも。

もうロッドは買わない、、、と思っているのですが、この3モデルは非常に気になっています。

正直、近所の釣り場は結構大きな港と大河川だったりするので、ショートロッドが活躍する場面は少なかったりするのですけどね・・・・(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする