シーバス用ルアー(浅い河川用)をいくつか追加購入!よく行く場所に合わせたセレクトが出来つつある。

シーバス超初心者なのですが、何度か行くうちに必要なものが分かってきたので、さらにシーバス用ルアーを追加購入してきた。

よく行くポイントが宮崎市を流れる大淀川で、いわゆる「大河川」になるのですが、(川幅300mくらい?)、この時期まだまだ水量が少なく、かなり浅い川ではあります。

あんまり考えず以前いろいろ買ったのですけど、ちょっとポイントを考慮して

・飛距離(大河川では飛距離が必要)

・まだベイトが小さい時期(マイクロベイトパターン)

・浅いのであまり潜らないもの

を考慮してみました。

しかし、、シーバス釣りというのを最近ちょこちょこやっていますけど、釣れる時はサクッと釣れますが、釣れない時は全然釣れません。(他の魚でもそうですけど)

その「釣れる時」の見極めが非常に重要で、いわゆる下げ潮タイミングが良いとかいろいろ言われますが、それだけでもなく、なかなか奥が深い釣りですね。人気が高いのも分かる気がします。

何度か行って何となく自分のパターンが構築されてきましたので紹介。

ちなみにナイトゲーム前提なのと、この時期ベイトが小さいので小さめのものが多いです。

1.まずは表層からスタート

大河川なので、まずは幅広く飛距離が稼げる物でスタート。

その時に使うのが以下2つ。とにかくぶっ飛ぶものと、レンジが深すぎないものをセレクトします。

河川はどうしても「深場と浅場が交互に来る」ような地形になっていますので、あまり潜る物をロングキャストすると、浅場まで引いた時に根掛かり・・というのを回避するという目的もあります。

ダイワ モアザン ガルバ 87S

全長:87mm

重量:19.3g

レンジ:水面直下~20cm

特徴:飛距離、水面直下レンジキープ

http://www.daiwa.com/jp/fishing/item/lure/sea_le/mt_galva/index.html

ダイワ モアザン スイッチヒッター 65S

全長:65mm

重量:13.4g

レンジ:約20~約80cm

特徴:飛距離、不規則スラローム

http://www.daiwa.com/jp/fishing/item/lure/sea_le/morethan_switchhitter/index.html

2.橋脚まわりの明暗部を攻める

次に近くの橋脚周りの明暗部をゆらゆらと攻められる物。

あまり重いと橋脚に当ってしまうなど、飛距離が出すぎるので、軽くて小さいものにチェンジします。(夜だと見にくいのでキャストが難しい)

ima Sasuke SF-75

全長:75mm

重量:6g

レンジ:30〜80cm

特徴:ウォブンロール、橋脚打ち用

http://www.ima-ams.co.jp/products/sasuke#tab1

ima KomomoⅡ 65

全長:65mm

重量:6g

レンジ:20cm

特徴:ウォブリング+ローリングアクション

http://www.ima-ams.co.jp/imag/salt/15-0218-01

3.アクションが大きく違うものをセレクト

上記2つで釣れない・・・という時にアクションを大きく変えてみる。

その時に使うのがスネコン。

ただゆっくり巻くだけなのに、特徴的なS字アクションをしてくれます。

シーバスは「急に変化するものにリアクションする」魚なので、魚を寄せてくれる感じがします。

BlueBlue SNECON 90S

全長:90mm

重量:15g

レンジ:20cm

特徴:S字軌道アクション

http://bluebluefishing.com/#fragment-17

最終手段

誰もがやる最終手段、「ワームにチェンジ」です(笑)

ワームって万能・・・。

カツイチ ボトムドライブ 7g

先日、何投げても釣れないぜ・・・と思っていたところに最終手段としてこのジグヘッドとグラスミノーSを投げた所、サクッと釣れました・・・。

単に釣りたい&コストを抑えたいとなると、やはりジグヘッド+ワームが最強ですね。

ただ、河川ですけどフグやチヌにワームは齧られますので、予備が必要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする