「LT」じゃなかった!タフさを究極に追求した「20ソルティガ」公開!

「LT」じゃなかった!タフさを究極に追求した「20ソルティガ」公開!

LT化を懸念されていた方へ

 

どうやらLT化されず、とにかく「タフさを追求した」リールに仕上がったのが「20ソルティガ」です。

出典:ダイワ

 

ちょっとステラSWっぽい・・気もしますが、中身は全然違います。

LT化はされなかったものの、「Tough」に該当する部分はとにかく強化されました。

 

ということで特徴を見ていきます。

 

20ソルティガの特徴

まずはやはりこれ。

 

モノコックボディ採用

 

こちらによりギアが大口径化し、サイズが12%UP。サイズアップに伴って、もともとタフだったギアの強度が「15ソルティガの2倍以上」に強化されました。

 

そしてこちらは継続して採用の「マグシールド」

オフショアの釣りにおいては潮を被る事は日常茶飯事なので、マグシールドによる耐水性能は信頼度の高い機構です。

 

そして次に「アルミエアローター」が採用され、「たわみ」に対する剛性がこちらも「15ソルティガのザイオンローターの2倍以上」の強化となっています。

 

そしてインパクトの大きいのが「ドラグの強化」です。

こちらはなんと「耐久性が10倍以上強化」という大幅強化。ワッシャーの枚数も6枚からなんと「14枚」へ。

 

14枚もあったら数枚足らなくても気付か無さそうな気はしますが。

 

20ソルティガのスペック表

出典:ダイワ

 

一番小さい8000番でなんと「645g」という重量です。ステラSWの8000番が「625g」という感じなので極端に差は無さそうです。

お値段も定価はステラSWとほぼ同じです。

 

まあ私最近オフショアはあまりやらないんで、普段ツインパワーSWで事足りてるため正直買わないと思うんですが、これだけタフさを強調されると、

 

巨大アカエイとかをゴリ巻きしてみたくなる衝動に駆られます

 

普段の3000番くらいのリールだとラインを出されっぱなしになるんですけど、やっぱエイでも余裕なんですかね?(笑)

 

 

既に予約開始中

 

 

 

実売は10万円ちょい、という感じで少しは値引きがあるみたいです。

 

とにかく「タフ」なリールが必要な釣りをする人にはド本命なリールの登場ですね。

 

 

 

オフショアジギングカテゴリの最新記事