シマノの2022秋冬新製品が発表!なので気になる商品のご紹介

シマノの2022秋冬新製品が発表されました、ね。

シマノの秋冬新製品が発表されました。もう見られた人も多いのではないでしょうか。

ちなみに私個人の所感ですが・・・「うーん、、、」という感じ。マジか!みたいな製品は個人的には無かったですね。

というところではありますが、とりあえず誰が興味あるのか分かりませんけど、個人的に注目している製品を紹介していきます。

 

その1 ミラベル

新しいスピニングのシリーズが登場しました。その名は「ミラベル」

 

出典:シマノ

 

最近トップの釣りをする事が多いわけでして、私アホなんで、なんでもXGとかHGギアのモデルばかり買っちゃってたわけなんですよ。

んでノーマルギアのリールも欲しいなと思ってたんですが(前は持ってたけど売ってしまった)そんな中で登場したのがこのミラベル、なわけなのです。

で、欲しかったのが軽いローターを搭載したリールだったんですが、今回MGLローター搭載で低価格、というところに魅力を感じているわけなんですよね。実売が1.2万円くらいになりそうなので、丁度ダイワでいくと競合が「フリームス」あたりになるわけですが、2500番くらいのスペックを比べてみると

 

<フリームス(LT2500-XH)>

・自重:200g

・巻取り量:87cm

・ハンドル長:50mm

・価格:17,800円

 

<ミラベル(2500SHG)>

・自重:205g

・巻取り量:91cm

・ハンドル長:55cm

・価格:15,700円

 

実売価格はミラベルは新製品ということもあり、1.2万円程度、フリームスが1.3万円程度という事で大差は無いですね。ちなみにミラベルは「ワンピースベール」では無いようなので、私個人はあまり気にならないんですけど、気になる方はアルテグラのほうが良いかも。

フリームスとミラベルですと、自重などもあまり変わらずなので、もうこれはダイワ派かシマノ派かで分かれるでいいかと思います(個人的にスピニングはシマノ派ですが)

じゃ、私はミラベル買うのかというと・・・「悩み中」です。カルディアかヴァンフォードのほうが軽いんですよね。価格違うけど。

まあトップで使うためなんで、夏〜秋までしか使わない事を考えると発売時期が微妙、という問題があります。

ちなみに今回の搭載技術で「良い!」と思ってるのはマグナムライトローターで、「微妙!」と思ってるのはコアプロテクトです。Xプロテクトじゃないんかい、と。

とりあえずちょっと良いリールが欲しい、という方は2500SHGなんかがオススメです。

ライトゲームにはC2000SHG。

 

ちなみに発売は10〜11月ごろのようです。2500SHGは先のショップでは11/2ごろ入荷みたいですね。

 

その2 エクスセンス ズーム

これは誰も予想しなかったロッドの登場じゃないでしょうか。「ズーム」機構、つまりロッドのレングスを変えられるロッドです。

出典:シマノ

 

数年前にエクスセンスシリーズに「ファイティングアブソーバー」というロッドがありまして、それがまさにズーム機構搭載のロッドだったんですが、その時は1機種のラインナップのみでして、後継機種も特に発表されず、という状況でしたが、今回この機構を搭載したロッドが何と4番手も登場となります。

型番も「S76-86ML」「S86-96ML」「S86-96M」「S96-106M」という、一目でレングスが分かるラインナップです。

1ftものレングスを変えられるので、小場所から移動して大河川でシーバス、なんてことも1本のロッドで可能になります。

お値段は結構高いんですが(5.9万〜6.7万)2本ロッドを買う事を考えると実は安く済む・・・?

 

 

 

 

その3 ダイナダート

3番目にこれを持ってくる人はなかなか居ないんじゃないか、と思うんですが、何でかと言いますと「何で今?」と思うロッドなわけですよ。

出典:シマノ

 

で、このロッドなんですが「ワインド専用ロッド」なわけです。7〜8年前くらいに太刀魚のワインドゲームが流行った時に各社からワインド専用ロッドが出てたんですが、今はもう専用ロッドはあまり見かけなくなりました。

そんな中に敢えて登場する「ダイナダート」は期待せざるを得ないわけですよ。たぶん買わないけど。

ちなみに私は秋にマイクロワインドでメッキ狙いという事を毎年やりますので、気になるモデルは「S76UL-S」という最もライトなモデルになります。太刀魚ワインド用には「S80ML」あたりが狙い目ではないかと思われます。

「S76ML」なら意外とチニングにも良い?とか思ったりしますね。

しかしよくよく考えると、ダイナダート以外に「コルトスナイパー SS LSJ」なんていうライトショアジギングロッドも出るんで、なんかシマノは出遅れたジャンルに、敢えて少し時期を外して投入した感はありますね。

 

 

その4 ネッサBB

ネッサBBが今回リニューアルになります。

出典:シマノ

 

私初代ネッサを何度も買いかけたんですが(その頃個人的にサーフの釣りが流行ってたんで)結局買わず今に至るわけでして、その後サーフの釣りを全然やらない人になってしまったんで、まあ別に今回のネッサBBを買うことがあるのか、というと多分無いんですけど

 

何となく紹介した

 

というだけです。お値段も控え目2万円台半ばなので、宮崎県央エリア在住で釣りを始めた、という人には有力な候補ではないかと思います。

 

 

その5 クラドDC

今回の新製品で、最も「えー、、、」と思わせたリールがこれじゃないかなと思う、クラドDC。

 

出典:シマノ

 

発表前にSNS上では「スコーピオンDCMDが出るのでは!?」とかいう話がちらほら見られたわけですけど、そういった期待を思いっきり裏切りまして、発表されたのがクラドDCなわけです。

こういうリールに限って、発売後不人気で値下がり、そのタイミングでユーザーが増えて「実はこれ良いリールなんじゃない?」みたいな事が起きうる可能性があるリールだと思われます。

ちなみにスペックだけ見ると、数千円の差なら、iDC-5の普通にスコDでいいよねって思ったりします。

 

 

 

という、途中からあまり推しポイントが思いつかない商品も含めての紹介でしたが、ちょっと今回のシマノの発表は印象が弱いな・・という感じがしております。隠し玉が間に合わなかった、というような展開を期待したいところですね。

 

その他の製品はシマノのサイトをご確認ください。

 

 

タイトルとURLをコピーしました