やっちまった・・・17セオリーのスプールエッジにキズ。。修復と対策。

先日バイブレーションが根掛かりしてしまい、外そうと思って竿を何度か煽っていたら

プツッ

とPEが切れまして、、、1号のPEだったんでそんなに細くないんですけど、安物のPEはやっぱダメかなーーー、と思っていたら

(ピントがズレててすみません)

スプールに思いっきりキズ(笑)

そういえば以前思いっきりコンクリートの地面に落とした事があり、無事だった・・と思いきやキズが付いていたようです。。

ダイワのスプールは高価

セオリーのスプールは一応予備を買ったので予備を使う方法もあるのですが、

約1万円ほどする

わけですよ。シマノであれば16ナスキーが買えてしまい、ダイワであれば17エクセラーがもうちょいで買えてしまうわけです。というかセオリーが2万円ちょいなのでスプールだけで半額。恐ろしや。

というわけで研磨した

近所の100円ショップで耐水ペーパーを購入。

1000番と2000番を用意する

というのが良さそうですが、1500番までしか無かった・・。ので1500番を使って研磨。

どうやら耐水ペーパーに水ではなく、水より粘性のあるオイルを使うのが良いそうです。
というわけでシマノのオイルスプレーを使います。

ダイワのも持ってるんですけど、参考にしたサイトがシマノだったので何となくシマノのオイルスプレーを使いました。

耐水ペーパーにオイルを吹き付けて、引っ掛かりが無くなるまで軽めに擦り・・・完了。

こう見ると、完全に周りまで削りすぎた感がありますが、まあ良しとしましょう・・・。

とりあえず引っ掛かりは無くなったので、PEにダメージを与える事は無さそうです。

スプールは研磨すると腐食する

らしいので、あんまり研磨するとメッキが剥がれて腐食の原因になるので宜しく無いそうです。

が、さすがにこれだけでスプール買うのもな・・・という事で研磨したんですが、一応腐食対策として「タックルエリクサー」で磨いておきました。

どれだけ効果があるかは分かりませんが、タックルエリクサーは錆を落としたり、薄くコーティングをしてくれるのでロッド・リールの保護に良いです。

というわけで対策

PEラインの高切れの原因になるので、実はPEのせいじゃなくスプールエッジのキズをちゃんとチェック&修復したほうが良いですよ、というお話でした。

あとはベールも傷つきやすいんでチェックしましょう。

さらに、、僕もケチって付けてなかったんですが、おまもり君などの「リールスタンド」は使ったほうが良いですね。

出来るだけ安いものは無いかな・・ということで探したのがこちらの

・モアバイツ ボディーキーパー6

です。1000円以下なのが良いですね。

一応セルテートの分も買っておくか、ということで、こちらは商品が違いまして「ボディキーパー5」が適合だそうです。

・モアバイツ ボディキーパー5

リールというとギアに目が行きそうですが、スプールエッジも割とリールの命ではあるので、対策はしておいたほうが良いですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする