【新製品】ダイワから持ち運び便利&バーサタイルな4ピースパックロッド「7 1/2(セブンハーフ)」の詳細が公開

ダイワ

ダイワからマルチに使える4ピースの新パックロッド「7 1/2(セブンハーフ)」が登場です

先日より少しづつ公開されていた、ダイワの新パックロッド「7 1/2(セブンハーフ)」が公式サイトに公開されました。

出典:ダイワ

 

コルクグリップと赤を基調としたカラーリングのため、某社のワール○シャ○ラに似ていると言われていましたが、まあ正直確かに似ていますね。私は持ってないので使い勝手はよく分かりませんが、魚種を限定せず、場所もショア・オフショア問わずの自由なロッド、というようなコンセプトという所も若干共通点があるような感じではあります。

まあ、その代わりお値段はこちらのほうが安いですね。「7 1/2」というように、レングスは基本的にすべて同じの7フィート6インチ、というロッドで、固さだけがUL〜Hの異なった6種類のラインナップになるようです。

長すぎず短すぎず、良く言えば汎用的、悪く言えば痒い所に手が届かないと言いますか、専用ロッドに比べると使い勝手は劣るというのが、バーサタイルなロッドの宿命なわけです。このあたりのスペックでは分からない部分、つまり実物はどうなのか、というのが気になるところですね。

 

 

7 1/2(セブンハーフ)の搭載技術その他諸々

ワール○シャウ○に比べると価格は控え目ではありますが、定価が「38,800円」ということで安価なロッドではありません。

その代わりにダイワが誇る「X45」「V-JOINT」「AIR SENSOR SEAT」「HVF」といった、耐ネジレ性能、軽量化に秀でた技術が使われています。

 

で、スペック表を載せますが

出典:ダイワ

 

まず気になったのが「仕舞寸法」が63cmです。これはよく言われる飛行機に乗る際の手荷物50cmよりは長いので、そこは気をつける必要がありますね。持っていったこと無いんですけど。

 

で、狙えるターゲットの表がこちら。

 

まあ個人的には・・「76LS」か「76MLS」でシーバスやチヌを狙う、時にはちょっとライトゲーム、というのが良い使い方なのかな、という感じがします。このご時世なので、外で気軽に釣りが出来るパックロッドのラインナップが増えることは喜ばしい所ですが、あくまで個人的な要望を書きますと・・・

 

ガイド経がもっと大きいベイトモデルが欲しい

 

という所です。まずベイトっていうところで気軽に遊べるものじゃないわけですが(慣れない人は使えないので)ガイド経の大きな、ビッグベイトが投げられるようなパックロッド、というのもあっても良い気がします。

あ、それこそ某社のロッドに近づいてしまうのか・・。

 

 

これは人気が出るのか出ないのか難しいロッド

このご時世、バーサタイルなロッドがウケるのか、いやもうちょっと専用ロッドとして特化したほうが良いのか、なかなか難しいところです。

たしかに7フィート6インチという取り回しの良いレングスは良い反面、狙う魚種によっては長さが足りないこともあるので、なかなか難しいところですね。

私個人はロッドをたくさん持っているので、パックロッドといってもこのお値段はなかなか出せないかな・・という感じです。

 

でも1本で何でもやるよ!という方には丁度よい風にも思える。これは実物が見たいですね。

 

 

発売は10月なので来月。買った方のレビューが楽しみです。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました