雨の前のはずが・・・結局雨でも釣行する男。とある魚の生存確認(2020/2/15)【2020年2月釣行】

シーバス

土日が雨予報という週末

本日(2020/2/15)と明日が雨予報という、釣りが趣味の私としては悲報この上ないのですが、どうやら朝一であればまだ持ちそうなので、いつもの如く大淀川へ釣行です。

今の季節のターゲットとしてはチヌかシーバス、という事でこの2魚種をターゲットに狙っていきます。

 

大淀川に着いてみるも特にボイル等も無し

AM6:45に到着してみるも、特にボイルも何もなし。

幸い風もほとんど無いので釣りはしやすい状況。ただもう雨が降りそうな天気です。

 

まずはLGヘビーミノーで少し下のレンジをチェック・・

 

 

よし、何の反応も無し。

 

お次はワームで・・マイクロワインド。

 

はい、反応なし。

 

という事で若干天気だけじゃなく暗雲が立ち込めますが、この時期最も釣れるルアーと思っているルアーを投入してみます。

 

そのルアーとは・・メジャークラフト「ジグパラブレード 7g」

 

何だよメタルバイブかよ、と侮るなかれ。

このハクパターン前の時期のデイゲーム、意外とこれでチョンチョンとボトムを探っていくと何かしら釣れるのです。

 

 

個人的にはグローピンクが良いかなと思いますが、他のカラーでも別に良いです。ケイムラシラスなんて良いですね。

 

 

割と流れも強い場所もあるので、7gが飛距離とのバランスが良くお気に入りです。

 

というジグパラブレード7gを投入して数投・・・着底から2、3シャクリを入れてフォールを入れると、何やら違和感を感じたのでフッキング!

ドラグはほぼ出されないものの、エラ洗いしないので何が掛かった・・?と思っていたらランカーセイゴ(40cmをちょっと切るくらいのセイゴ)

 

 

さらに同じ場所に投げてみると・・・連発!

 

 

ただ25cmくらいとかなりサイズダウン。

 

デイゲームでもこのメソッドで結構いろんな魚が釣れます。

 

調子に乗って3投目・・どうか!?

 

ガッツリと根掛りしました。チーン。

 

雨降りそうなので30分で撤収しました。

 

雨を避けた癖に、止んだタイミングで再び出撃する男

何のために雨を避けたのか、という話はさておき、1日中雨かと思っていたら合間で少し曇りになったので再び出撃。

ただ13時と思いっきり昼間なので先程のようにはいかず、ジグパラブレードを使っても苦戦。

 

LGミノーでドシャローエリアを攻めていたら・・60cmくらいのシーバスが追ってきた!

しかし直前で「プイッ」と見切られます。甘くないですね。

 

またジグパラブレードに戻してボトム付近をチョンチョン攻めていると、また違和感を感じたので思いっきりフッキング!

何やらガンガン走る元気な魚が掛かります。

 

小さいチヌでも掛かったか・・?

 

と思ったんですが、寄ってきた魚は「まだ生きてましたか!」というメッキです。

 

先週掛けたメッキはかなり引きも弱く、弱っている感があったのですが、こいつはかなりの引きがあったのでまだ全然元気でした。

25cmを超えたかなり良型です。

 

そして朝のセイゴを掛けたポイントから数メートル離れた場所で、ここなら根掛りしないかなと思ったら

 

ガッツリ根掛り

 

学習能力が無い男、納竿です。

 

しかし海で2月や3月にメッキを釣ったことは過去にあるんですが、水温の下がりやすい川でまだ居るとは・・という感じですね。

既に先週時点で水温14度は切ってるのですけどね・・。

 

タイトルとURLをコピーしました