VJの替わりとして期待大なダイワの「モアザン シーバスロデム」既に発売中です。

シーバス

ダイワから「モアザン シーバスロデム」が既に発売されてます

私既に注文済みでまだ届いてはいないのですが、ダイワから期待の新ルアー「モアザン シーバスロデム 14g/18g」が発売されています。

シーバスアングラーとしては期待の新製品なのですが、そういえばこれまで書いてなかったな、という事で今回紹介なのですが

ただ忘れてただけ

という理由です。ちょうど発売されたようなのでこの度紹介です。

 

モアザン シーバスロデムの特徴

ちなみに私「フラットジャンキー ロデム3」を持ってるんですけどね(微妙にフグに齧られた跡がある)

元々シーバス用に買ったんですが、今のところですね「釣れてません」

もしかしてフグに齧られないとか・・と思いましたがダメでした。

そんじゃ何が違うんですか、というお話なんですが

アクション特徴
テールを大きく振るアピール重視のFJロデム3に対し、SBロデムは食い渋りシーバスにも対応のテール振幅を抑えた微振動セッティング仕様。

①ボディを2.8インチと短くし、テール付け根を太くして、更にテールサイズを小さくすることで、スローリトリーブでは食い渋りシーバスも思わず口を使うテールが微振動するだけのアクションを演出。
テールを斜めに傾けることで翼の役割を果たし、スローリトリーブでもシーバスの好む水平姿勢をキープ。
(イメージは、シーバスでは定番となったミドルアッパーのアクション)
②ミディアムリトリーブではボディ全体をロールさせながら泳ぐバイブレーションアクションにシフトチェンジ。

写真を見てもらえると、かなりテール部分が柔い感じなので、FJロデム3は「かなりテールが動く仕様」なのです。

どうやらシーバスロデムはここが「微波動セッティング」になっているようで、動きすぎない仕様への改善が施されているようですね。

さらにロデムの特徴として「水平姿勢のキープ」、ロールアクションという部分はそのままにシーバス用となってるようです。

 

と、ここまで書いたものの、「ワームだけ買えば良かったのでは」という気がしましたが置いときます。

 

シーバスロデムは「値段が安い」

実はこれが一番のポイントだと思うんですが、ダイワ製品は釣具屋さんの店頭でも値引きされる事が多いです。

VJなんてほぼ値引きされることありませんよね。

そんな中「定価が900円」なので、常時10%OFFだとすると800円ちょい、さらにセール時はさらに10%OFF程度が見込めます。つまりVJの半額近い値段になるわけですね。

ボトムを攻める事の多いルアーだけに、少しでも値段が安いのは有り難いです。

 

シーバスロデムのカラーラインナップ

イナッ子
グリーンシルバー
ケイムラチャートバックパール
ケイムラレッドヘッド
オレンジゴールド
不夜城
ブルーシルバー
マイワシ
ウルメイワシ

という全10カラーがリリース。豊富ですね。

ただ個人的に「ピンク」のワームが無いのがちょっと困った感じです。シーバス用として実績が高いので、ピンクは欲しかった。

ピンクが無いので、買うとしたら「オレンジ」かなぁと思っていますが、つい「イナッ子」を買ってしまいました。

 

ワームのセット方法動画

VJの弱点として「ワームだけ取られたりする」という点があります。接着剤で固定すると気軽にワームが変えられない・・というジレンマ。そしてアルカリシャッドはよく釣れるけど1本あたりの値段が高いのです。

しかしこちらの動画を見てもらえるとわかりますが、シーバスロデムはしっかりワームがセット出来るようになってますので、「ワームだけすっぽ抜ける」という事象はかなり軽減されると思いますね。実際にワームが抜けたことはありません。

 

さてロデム3でシーバスを釣ったことが無い私、シーバスロデムなら釣れるんでしょうか。

今はハクパターンで使いづらい季節なので、また夏頃試してみたいと思います。

私のよく行く場所では「VJ-22」が使いやすい水深のあるエリアなので、18gが良さそうです。

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥891 (2020/04/04 02:00:09時点 Amazon調べ-詳細)

さて、釣果は・・・たぶん数カ月後にまた。

 

買ってきたのでフラットジャンキーロデム3との比較

ダイワの「モアザン シーバスロデム」を買ってきたので「フラットジャンキー ロデム3」との違いを確認してみる

 

 

タイトルとURLをコピーしました