またも内海港釣行(2015/8/13)ついでにクロステージモバイルシリーズ CRK-764SLインプレ

出張続きで平日は全く宮崎におらず、土日に釣行することを生きがいに今日も生きていますが、昨日家に帰ってきたらチャリがパンクしてた。

こんなことでへこたれるワタクシではありませんので、駅まで歩いて内海港に電車釣行してきましたよ。
ついでに、出張中に衝動買いしたクロステージモバイルシリーズ CRK-764SLを使ってみた感想をば。

始発で内海港へ

AM5:30の始発に乗り、内海港へ。
今日はお盆ということもあり人は少ないかな。。と思いきや、そこそこ釣り人がいらっしゃいます。

隣はエギンガー、反対側は石鯛師という中間に陣取ってCRK-764SLを使ったライトゲーム。

4本継ぎのモバイルパックロッドなわけですが、心配していた継ぎ目からスッポ抜けるような感じはしない&1度もスッポ抜けはありませんでした。

対応しているルアー&ジグヘッドの重さが2g〜とありますが、若干固いかなという感じはします。

前回宮崎港ではジグパラマイクロを使ってそこそこ釣果があったので今日もジグパラマイクロから始める。

奴がヒット

最初1時間ほどはアタリは一切無かったが、、、
やっと待望のHIT。ただ、引かない。魚であることは確かだが引かない。

これはヤツだ。
私の人生ですでに200匹以上釣り上げているであろう、ヤツだ。

DSC_0109

アカエソ。
そして特筆すべきサイズでもないのでリリース。
もはやエソングである。

さらにそこから1時間ほどアタリは無く、、、待望のHIT。

しかし引かない。
まさか・・と思っていたら赤い魚体が。

カサゴでした。15cmくらいなので当然リリース。

と、いうところで隣のエギンガー達は入れ替わりで人が来て、、、遂に1人がアオリイカをヒット。

エギングロッドを持ってきてないので、しょうがないからショアガン SFGS−86MH/P5に無理矢理エギをセットしてエギング開始。
当然ながらノーヒット。

次にダイソージグを使ってライトショアジギング。
ノーヒット。

場所を変えて再びクロステージ CRK-764SLに持ち替えてジグパラマイクロで探っていくも・・・・

根掛かり。ガッツリ根掛かり。
1個ジグパラマイクロをロスト・・・。

気を取り直して次にシュラッグミノーを選択。

フグの猛攻によりテール部分が即取られる。
これがジグだと取られないので、ワームだとどうしてもフグとの戦いになる。

というところで暑くなってきたので帰宅。
ボウズではないものの微妙な釣果でした。

CRK-764SLの感想

CRK-764SLは思ったより固い印象ですが、継ぎ目が抜けるとか継ぎ目の違和感はほぼ無い感じで、今日釣った魚は全然引かなかったのであんまり感度は分かりませんでしたが、アジとか掛けると結構面白い感じがします。
軽くて(実測88g)60cm程度になりますので、軽くライトゲームするには非常に良い竿だと思いました。

ただパックロッド全般ですが、専用ケースが全然イケてないんで、あれ要らないから安くしたほうが・・・と思ったりします。
どうしても持ち運びに不便なケースになってしまっているのがマイナス点。

パックロッドを持ち運べるロッドケースがあれば、気にならない点ですけどね。

メジャークラフト クロステージ モバイルシリーズ CRK-764SL
メジャークラフト
売り上げランキング: 173,255

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする