魚の行動習性を利用する 釣り入門 科学が明かした「水面下の生態」のすべて (ブルーバックス) [Kindle版]の読了

相変わらず出張。
今日やっと盆休みで宮崎に戻ってきた。

ストレスから危うくツインパワー3000HGMをポチリそうになったが、そこはグッとこらえて飛行機でこの本を読もうと思って買った。

なかなか面白い本である。
この本を一言で言えば、「軽く知ってたことの裏付けが分かる本」だ。

例えば「魚はルアーの色が識別できる」。

誰しも聞いたことがあるし、感じていることだったりします。

さっきまで釣れてたルアーが一切釣れなくなる、という経験が釣り人なら誰しもある。

過去に1度顕著にあったのが、ジグサビキで20cm足らずのシーバスが入れ食いになったことがあったが、10匹ほど釣ったところでパッタリ釣れなくなった。
カマス用の3色のジグサビキだったので、ピンク・緑・黄色の組み合わせだったのだが、魚はいるものの釣れない。
そこで全て金色のジグサビキに変えたらまた数匹釣れた。
先ほどの3色のサビキにスレてしまって釣れなくなっていたわけです。

というように「魚がスレる」というのは実際に頻繁にあって、バス釣りなんてスレたバスを如何に釣り上げるかのスポーツになってる気がするのです。

臆病な魚と呼ばれるチヌ。
1年間スレたままになったりするそうです。
実際には自然の条件であれば、夜間に釣れたりするとは思うのですが、1年もスレっぱなしとかなかなか執念深い魚だったりするわけです。

というようなことを、ちゃんと研究した結果の生態を惜しみなく書いてある本です。

そんなの知ってるよ、ということが多いかもですが、根拠はなかなか知らないと思います。

という知識を得させてくれる本で、より釣れるきっかけになる本だと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする