やはり最高だった「19ヴァンキッシュ」のサードインプレッション。ただ褒めるだけ。

「19ヴァンキッシュ C2000SHG」を買ってから十数回ほど使ってみましたが、正直言ってですね、

このリールはライトゲームにおける最高のリール

と素直に褒め称えたい、そんなリールです。

最初は気になった「グリスがベタベタ」による巻きの重さも使い込む事で改善されました。

という、ただ19ヴァンキッシュを褒めるだけの記事が今回です。

「リールの存在が消える」リール

何のこっちゃ、というお話ですが、「存在が消える」という表現が今しっくり来ています。

ロッドに装着します、キャストします、というのが普通のルアーフィッシングの動作なわけですけれども、とにかく「リールを意識しない軽さである」というのが「存在が消える」という事なのです。

160gの超軽量リールである、「ストラディックCI4+」をちょっと前まで使ってたんですが、わずか「15gの差」だけしか無いにも関わらず、ストラディックCI4+ではこの「存在が消える」というような感覚までは覚えませんでしたが、ヴァンキッシュを使いだしてふと感じたのがこれなんですよね。

軽さによる「存在が消える」感覚だけではなく、「トラブルレスである」という点も理由の1つになります。

同じシマノである「ピットブル4」との相性が良いという点もあるとは思うのですが、今の所目立ったトラブルは一切ありません。

この「トラブルレス性能」というのもフラッグシップモデルを使って感じる特徴の1つであると思ってます。ステラもとにかくトラブルが無いんですよね。

超軽量、軽快な巻き心地、トラブルレス性能、キャストの気持ちよさ、この4つを表現するのが「存在が消える」という表現になったというわけです。

間違いなく2019年購入したリールで一押し

まあ、、、主に買ったのがベイトリールが多かった2019年ですけれども、それらを含めてもですね、

間違いなく2019年で一番気に入っているリール

と言っても過言ではないです。

敢えて、本当に敢えて1点だけ気に入らない点を挙げるとすれば、、、

若干チープなドラグ音

という点ですかね。私は15ツインパワーの「チリチリチリ・・・」という金属音が前面に出たドラグ音が好きなんですが、19ヴァンキッシュのドラグ音はここがちょっとチープな感じはします。

単に音が気に入らないだけで、ドラグの滑り出しはスムーズで性能には特に問題を感じません。

もう求めているものにたどり着いちゃった、という感じです。

完璧ですねこのリール。

迷っている方、正直値段は高いと思いますが、少なくとも「購入して損なし」と言い切れるリールですよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする