やっと入手。ダイワの超ド定番ルアーのサイズアップ版「モアザン ミニエント 70S」のインプレ。飛距離もアップ。

私が使っている中でも最も魚を連れてきてくれているバイブレーションと言えば

ダイワのミニエント57S

なわけなのです。

シーバスのみならず、チヌ・マゴチ・ヒラメ・タチウオなどなど、小粒サイズ&3Dダートによってかなり色々な魚が釣れる、最もオススメなバイブレーションなのですが、この度サイズアップ版になる「ミニエント70S」が発売になりましたので早速買ってきました。

と、これだけ見ても70Sだと分からないので恒例の親子画像を

まあ親子、というほどでもなく兄弟という感じですかね。そんな点はどうでもいいんですが。

上から比較するとこんな感じ。まあ純粋にサイズアップだと言えそうです。

斜めから撮ってみましたが、目がつぶらで可愛らしいですね。

というところで、あらためて「ミニエント70S」のおさらいです。

ミニエント70Sのおさらい

・サイズ 70mm

・自重 20g

・フックサイズ #6

といったサイズです。

■ミニエントの最大の特徴である「3Dダート対応アクション」をそのまま受け継ぎつつ、ミニエント57Sでは攻略不可能だったシチュエーションを埋めるサイズアップ版が2年以上の開発・調整期間を経て遂に完成。

■鉄板バイブでは出来ないフォール、ドリフト、3Dダート、スローリトリーブ、繊細なアクション、樹脂バイブならではの性能をもった高汎用型スタンダートサイズバイブレーション。

出典:ダイワ

とりあえずサイズアップにより強風時や微妙にポイントに届かない、といったシーンに対して使えるサイズが出た、という解釈で良さそうですね。

投げてみた

とりあえず実際に投げてみました。

<飛距離>

飛距離は10〜15%UPという感じでしょうか。重量アップによって十分飛距離が伸びています。

<3Dダート>

ミニエント57Sと比べると、サイズがアップした分引き抵抗は若干強くなっていますが、それでも3Dダートは健在でアクションはさせやすいですね。

という感じで「純粋なサイズアップ」という説明が一番ピッタリ来るかなという気がします。

どうしてもあと少しでヨレに届かない、といったシーンやオープンエリアでは70Sの重量を生かした釣りが相性が良さそうですね。


で、実際に投げて試してたら、インプレ用の練習キャストあるあるなのですが

突然シーバス掛かるもバラす(笑)

早速釣れました!みたいな事を書きたかったのにバラしました・・。

という事で相変わらずとても高性能な釣れるルアーだと思います。

私が買ったのはとりあえずこの2色。

ナイトゲームでは「ハッピーレモン」「レモンソーダミント」カラーがオススメです。

今回はデイゲーム用に「ロイヤルコーラルピンク」も購入しました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする