【2020モデル速報】ダイワより「20ルビアスLT」「20ルビアスFC」「20レブロスLT」が出るようです

【2020モデル速報】ダイワより「20ルビアスLT」「20ルビアスFC」「20レブロスLT」が出るようです

またも新製品スクープ

 

 

さて「釣りフェスティバル」まで1ヶ月を切りまして、先日「20メタニウム」「ラテオモバイル」といった新製品の情報を載せましたが、今度は

 

・20ルビアスLT・FC

・20レブロスLT

 

というダイワの人気リールも2機種リリースされるみたいです。(FCはフィネスカスタムなので一旦2機種とします)

 

20ルビアスLT、20ルビアスFC

※今回の情報元は「SLPのパーツ検索システム」なのですが、12/22 23:00時点では、残念ながらルビアスの情報は消されています。

 

ラインナップは以下。

 

まず20ルビアスFC。

・20ルビアスFC 2000S

・20ルビアスFC 2000S-XH

・20ルビアスFC 2500S

・20ルビアスFC 2500S-XH

 

ここからが20ルビアス。

・20ルビアス 2500

・20ルビアス 2500-XH

・20ルビアス 2500S-DH

・20ルビアス 3000-C

・20ルビアス 3000-CXH

・20ルビアス 3000

・20ルビアス 3000-XH

・20ルビアス 4000

・20ルビアス 4000-CXH

 

どうやら20ルビアスには今の所2000番以下の物が無いようです。

FCモデルにはあるのに、、という所でソルトライトゲーム好きの人にはちょっとがっかり感があるかも(といってもマグシールド完全非対応なのかはまだ不明)

2500番以上はかなり充実したラインナップになっていますね。

 

ちなみに・・20ルビアスは

 

ザイオンモノコックボディ搭載

 

らしいですよ。期待大ですね。

 

さらに、、、「ダイワ史上最軽量」になる(2500番が、みたいですけど)らしいですよ。

 

 

20レブロスLT

こちらはまだ検索に引っかかるようです。

低価格帯の入門者向けシリーズなので、幅広いラインナップですね。

 

・レブロスLT 2000S

・レブロスLT 2500D

・レブロスLT 2500S

・レブロスLT 2500S-H

・レブロスLT 3000-C

・レブロスLT 3000-CH

・レブロスLT 4000-CH

・レブロスLT 5000-CH

・レブロスLT 6000D-H

 

という、アジング、メバリングといったライトゲーム用の2000番クラスから、ショアジギングに対応する6000番までラインナップされていますね。

特に4000番以上の番手については、LTコンセプトにより軽量化されつつも剛性強化が図られたりしそうなので、より低価格リールの使い勝手が向上しそうです。

 

18フリームス→19レガリス→20レブロス

 

といった流れでLT化が進んでおり、19レガリスは実売8000円台ながらも中級機に迫る使い勝手を実現していて大ヒットしたリールだと思いますが、それがそのままレブロスに取って代わる感じになりそう。レブロスなら実売5000〜6000円台程度まで期待できそうです。

 

ただそのままレガリスより廉価なモデルになるのか、それともレグザのように自重の抑え方は控えめに剛性の高いモデルになるのか、といった所は今後の正式発表待ちですね。

 

 

 

20レブロスオススメの番手

既に予約可能でした。

・20レブロスLT 2500S-H

 

2500番のハイギアあたりが一番汎用的に使えるかなと思います。

 

シーバスなら3000くらいでも全然大丈夫かなと思います。防波堤レベルのライトなショアジギングならこれでもイケそう。

 

 

ダイワカテゴリの最新記事