1日数十匹釣れる、マイクロワインドでメッキを釣るコツのご紹介

1日数十匹釣れる、マイクロワインドでメッキを釣るコツのご紹介

 

もうほとんどの地域でメッキシーズンは終わりなのに今更・・という記事ではありますが、「マイクロワインド」でのメッキの釣り方のコツをお届けします。

 

 

まずは私の使ってるジグヘッド・ワームを改めて紹介

 

まずジグヘッドについては、何度か登場している「尺ヘッド Dtype」を使っています。

割と水深のあるエリアであれば5g、浅ければ3gといった使い分けですね。

 

次にワームですが、私が釣ってる場所はフグの多いエリアなので、この2択で、「黄色」「オレンジ」といったカラーが強いかなという印象です。

 

・月下美人 ダートビーム

 

 

・Spark40

 

「どっちがフグに強いか」という視点だけで言うと、「月下美人 ダートビーム」のほうがよりフグに強いです。

Spark40は若干ながらテール部分を齧られる事があります。普通にそのままでも釣れますけどね。

ちなみにどちらのワームも尺ヘッドだとズレるので、接着剤で固定することをオススメします。

 

マイクロワインドで狙うメリット

 

まず第一に「楽しい(笑)」です。

2、3回ダートを入れてフォール中に「コツコツっ」とアタリが来るので、それに思いっきりフッキングして掛かった時が最高に面白い。これがメリットの1つ。

 

で、他のメリットとしては「スレにくい」が挙げられます。

ワームなのでナチュラルなアクションが演出出来、割とルアーを見切ることの多いメッキを長い間釣り続ける事が出来る、というのが良い点ですね。

 

さらに先程「フォール中のアタリ」について書きましたが、他のルアーと違って先程のワームを使うことでテール部分がプルプル動くため、それが誘いになるので、過剰なアクション無しのフォールでも違和感なくメッキは食ってきます。

 

そしてこれが大きなメリットなのですが・・・

 

根がかり時の精神的ダメージが小さい

 

です。メタルジグだと1回数百円、シーバスルアーなんて千円以上のルアーをロストするわけですが、ジグヘッド+ワームになると100円ちょい、というくらいのダメージで済むので、かなり経済的。

 

マイクロワインドでのメッキ釣りのコツ

 

ラインスラックを出してジグヘッドをダートさせる・・というワインド本来の釣り方はさておき、重要なポイントが1つあります。

それは、、、

 

着底後、間髪入れずにアクションを入れる事

 

これですね。よくタイラバなどで言われますが、割と魚はちゃんとルアーを見ています。

着底後にゆっくりアクションを起こすと見切られてしまうのですが、すぐにアクションを入れる事で、「餌が逃げてしまうので急いで追わなくては!」という感覚に陥るためか、アタックしてくる確率がかなり上がります

 

なのでメッキはチューブラーのロッドで釣る事が多いと思いますが、できるだけ「着底を検知できる」ロッドであったり、糸フケの様子をちゃんと見てアクションを入れるというのを心がけると、キャッチ率はかなりアップすると思います。

 

あとは、ワームだとフォール中のアタリも結構多いので、コツっとアタリが来たらすかさずフッキングする、というのも有効な手段です。

 

メッキが潜むポイント

 

結構オープンエリアでも回遊してたりするんですが、数釣りするにはやはり「ポイントを見定める」という事が重要です。

具体的には以下を狙うと良いです。

 

・橋脚などの影

・流れのヨレ

・障害物周り

 

他の魚と同様、こういったところに多く潜んでいる事が多いので、オープンエリアでも流れのヨレなどを狙うのが良いですね。

 

海なのか川なのか

 

結論から言いますと、「サイズを求めるなら海」「数を求めるなら川」と思います。

本来海に住む魚なので、大型のメッキは海から登ってくるため、海で狙ったほうが大物の回遊に出会う可能性が高いかなと思います。

 

ただ川のほうが先の通り狙うポイントが明確なので、数釣りするなら川、という印象ですね。

 

 

オススメのリール

よく引く魚ではありますが、大抵は30cm以下くらいのサイズがメインになると思うので、

 

できるだけ軽い2000番程度のハイギアのリール

 

がオススメです。

 

それで選定するならば、、、このあたりのリールが良いかなと思います。

 

・ダイワ レガリスLT2000S-XH

 

・ダイワ フリームスLT2000S-XH

 

・シマノ ストラディックCI4+ C2000HGS

 

まあ正直、お金出せるなら「19ヴァンキッシュ」が一番オススメです。

 

オススメのロッド

特に無いんですが、いわゆる「チューブラー」のロッドであれば全然良いと思います。

私は主にゼスタのブラックスターS78ですが、別にもっと安いロッドで良いかなと思います。

 

ブラックスターS78の良いところは、「やっぱりチニングしよう!」と急に思ったとしても、十分に対応出来る懐の深さではないかなと思いますね。

障害物が無ければ、60UPくらいまでのシーバスならギリギリ獲れます。

 

他のロッドでも、ルアーがMax10gくらいまで投げられれば、ワインドのみではなくメタルジグも投げられるので釣果を伸ばせると思います。

 

という、シーズン終わっちゃった人も多いであろうメッキですが、宮崎ではまだまだ釣れるので、メッキ釣りを始めてみたい人の参考になれば。

 

メッキ・エバカテゴリの最新記事