ダイワの「ダブルブレード」を搭載したシンカー「HRF® KJ ヘッドダブルスピン SS」。見たことない形状の新ルアー!

ダイワから主にキジハタをターゲットにした「HRF® KJ ヘッドダブルスピン SS」が発表されました。

http://www.daiwa.com/jp/fishing/item/terminal_tackle/lure_te/hrf_kj_headdoublespin_ss/index.html

ちょっと見たことのない形状のシンカー?ジグ?の中間くらいに位置するもののようです。


出展:ダイワ

特徴

もはや見たままですが・・・ブレードを2つ付けられるようになっている「ダブルブレード」が主な特徴です。

バス釣りで使うスピナーベイトはブレードが複数付いてたりしますが、ソルト用ルアーでは見かけない斬新な形状です。

■ダブルブレードでフラッシングを発生させ、集魚力がアップ。
■ヘッドが立ち上がりやすい低重心設計。
■貫通力が抜群なサクサスフックを採用。
■可動式フック(HRF® オフセットフックSS ごん太〈2/0〉)により、ワーム本来の自然なアクションを実現。

種類

色が「赤/ゼブラグロー」「銀/ゼブラグロー」の2種類に、重量が14g〜35gとなっているようです。

お値段

1100円(14g)〜1250円(35g)

まあまあ良いお値段ですが、ブレードが2つあるのでしょうがないかな・・・。

雑感

とにかく斬新な形状と「ダブルブレード」によるアピール力の高さ、ヘッドが立ち上がりやすいことにより、さらにブレード部分がアピール。

活性の高いロックフィッシュには効果高そうです。

ただブレードが沢山付いていると集魚力はありそうですけど、「ブレードに食いつく」ってことが無いのかな?という気がしますね。さすがにブレード部分にはフックは無さそうなので、真ん中のフックに掛かってくれないといけないのですが、小型魚はうまくフッキングするか?というのが気になります(小型魚はリリースしたほうがよいので、大型狙いであれば別に問題無いんですけどね)

ロックフィッシュ用のようですが、ヒラメ・マゴチのようなフラットフィッシュにも効果高そうです。

フックにはダイワが誇る「SaqSas(サクサス)」フックを採用しているようなので、触れれば刺さるくらいのフッキングは期待できそうです。

とにかく「ダブルブレード」の効果がどのくらいあるのか?が気になるルアーですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする