ダイワから2020新ベイトリール「スティーズ AIR TW」が登場!28mmスプールという異次元の新リール。

ダイワから2020新ベイトリール「スティーズ AIR TW」が登場!28mmスプールという異次元の新リール。

 

2020モデルの目玉「STEEZ AIR TW」

 

ダイワから、2020モデルとなる「STEEZ AIR TW(スティーズ エア ティーダブリュー)」が発表です!

昨年、「STEEZ CT SV TW」という30mmスプール搭載機で世間をアッと言わせたダイワですが、今回また新たに

 

28mm経スプール搭載

 

という、異次元の新スプール搭載のベイトフィネス機として登場です。

 

出典:ダイワ

 

私は持っていないのですが、「STEEZ CT SV TW」はベイトフィネス専用とまではいかないまでも、軽量ルアーから重量級ルアーまでそこそこ投げられるという、

幅広いルアーを扱える超コンパクトなリールとなっていましたが、今回は完全に「ベイトフィネス専用機」となっているようです。

 

フラッグシップ「STEEZ」、遂にベイトフィネス専用機が登場。フィネスを極める超小口径φ28mmG1ジュラルミン製AIRスプールを搭載。

異次元の超小口径スプールは、今までのベイトフィネス機よりも軽いルアーへの対応力を増し、フィネスの概念を覆す。

超高速に回転するスプール性能を最大限に生かすTWSシステム、コンパクトボディによる自重のメリットは

まさに新次元のベイトフィネス機としての歴史を変えるだろう。

出典:ダイワ

 

確かにここしばらくダイワから「ベイトフィネス専用機」というのが出ていなかったように思いますので、満を持して「STEEZ」シリーズで登場となりました。

STEEZの名を冠するにはやはり「最先端の技術を搭載」というところで今回28mmスプールという、超コンパクトなスプールで実現、という感じですね。

 

さらに注目ポイントとしては、超軽量を実現した「135g」という自重ではないでしょうか。

軽量さではシマノのアルデバランBFSより軽いモデルが無かったので、ここで追いつき、追い越せという感じです。

 

 

スティーズ AIR TWのスペック

 

今回は最初からギア比「9.1」という超ハイギアモデルが最初からラインナップされており、一巻き80cmという28mm経スプールではかなりの巻取り量を誇るギア比となっているようです。

 

私、スコーピオンBFSでベイトフィネスは挫折したのですが、STEEZ AIR TWは気になりますね。

でもお値段はやはりSTEEZという感じです。

 

まだ公式動画や詳細技術などが掲載されてませんので、続報に期待ですね。

 

発売時期

2020/1ということのようなので、もう再来月ですね。

 

 

ダイワカテゴリの最新記事