マルジンより新発売のバイブレーションワーム「UKベイト15」買ってきて投げたので簡単なインプレ。

マルジンから発売されました「UKベイト」を買ってきました。

まずはお試しってことで1個だけ買ってみました。

パッケージを開けるとこんな感じです。

という感じで、UKシャッドワームと同様、ウェイトはワームの中に隠れていて違和感が無いというルアーに仕上がっています。

とにかく私、この「ワームがバイブレーションする」というルアーを信頼していまして、当然ながら代表格がコアマンの「VJ」なんですけれども、正直VJは最強なんですよね。

なぜか最近釣れないけど。

という最近の事はさておき、この「UKベイト」を投げてきました。

その前にUKベイト水中動画

実際にどんな動きをするのか、というのが気になる所だと思いますが、動画が公開されています。

こんな感じで、ワームなのにとにかくバイブレーションするんですよ。

明滅効果も強く、アピール力の弱いワームとは思えない動きが出ています。

逆に活性が低い時はアピールが強すぎでは、という感じもしますが、シーバスのみならずロックフィッシュなどにも非常に強そうなルアーですね。

というわけで投げてみた

スペックを振り返りますと

・全長 3.4inch

・重量 15g

・フック #8

というルアーです。

15gなのでそこそこの重量がありますが・・・実際投げてみると

あまり飛ばないなぁ

という印象です。もちろん必要十分な飛距離は出るんですが、VJ-16の飛距離を考えると、5〜10M程度は飛距離が落ちるかも、という感じですね。重量の違いというのもありますが、それだけVJが優秀な飛距離が出るという事になります。

その代わりに、「強いアピール力」「ワンサイズ大きなフックサイズ」というのがUKベイトの武器になります。

そしてもう一つ。

フグに強い&ワームがすっぽ抜けない

という、ここも結構重視する人居るんじゃないかな、というのがこれですね。

一番向いているのがボートシーバスのようなストラクチャーにぶつける危険性がある釣りなんかでは、ワーム素材で覆われているという事がかなりメリットになるのでは、と思います。

リップ破損とか辛いですからね。

実際に引いてみると、「ブルブルブル・・」という振動は明確に分かります。

ミニエント57S > UKベイト > VJ

こんなくらいの感覚ですかね。

ただまあシーバスという魚はあまりバイブレーションやウォブリングが強いルアーを避けがちな日や時期があったりするので、デイゲームのリアクションの釣りのほうが向いているのかもです。

ということで個人的まとめ

正直なところ、まだ使い込んでないのと魚を掛けていないので、このルアーの実力は分かっていないのですけれども、「デイゲーム」「ストラクチャー」このあたりで使えば効果はありそうです。

うーん、とはいえやはりVJのほうが飛距離も出るので使いやすい、というところはあるかなと思いますね。

フグが多くて釣りにならない、でもプラグには食ってこない、という時に投げてみると良いかも、というルアーですね。

次はデイゲームで使ってみようと思います。

あとは活性の高い秋ですかね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする