久々に週末が晴れたのでメッキ三昧釣行(2019/10/6)

ここ最近週末が雨だらけ、という事が多かったですが、久々に晴れました。

そろそろシーバスに帰らねば・・とは思っているのですが、とにかくメッキ釣りの魅力というのは

いろんなルアーに反応がある

という所じゃないかなと思うのです。

メタルジグ、ジグヘッド+ワーム、トップウォータープラグ、といったルアーがメインになると思いますが、シャッド系のプラグであったり、バイブレーションでも全然釣れますし、とにかく「いろいろなルアーで釣れる」というのが楽しみの一つだったりします。

私はプラグで釣るのが好きなのですが、ドシャローじゃないと釣りにくいので、

・メタルジグ(7〜10g)

・マイクロワインド(尺ヘッド5gとD.D.8 2インチ)

この2つで主に狙っています。メタルジグをメインとし、反応の悪い時はマイクロワインド、という感じで使い分けですね。

宮崎港水門へ

前日は臨海公園、大淀川河口で狙ったのですがイマイチだったのと、北風が吹いていてやりにくい状況だったので、北側が遮られる宮崎港水門エリアへ。

まずは激安で買ったAPIAの「青龍ミニ 10g」を投入。

この青龍ミニですが、、フックが異常に弱いです。わざとなのかなと思うくらいです。

逆に言えば根がかりしても余裕で回収出来るんですが、良型のメッキだとちょっと曲げられてしまうレベルですね。ただそんなに小型魚相手なら支障は無いです。

フルキャストして、ボトム付近なのかフォールで誘うのか、というのを考えながらメタルジグを投げていたらあっさりヒット。

次は尺ヘッド+D.D.8の「いよかん」カラーのマイクロワインドであっさりゲット。

またメタルジグに戻して、ボトム着底後に2、3シャクリを入れた所でガツン。

全く同じパターンで続けてガツンとヒット。

どうやら今回はメタルジグへの反応が非常に良いみたい。

しかし全くサイズが伸びず、さらにキャッチ。

という、4連発キャッチという活性の高さだったんですが、ここからパッタリとアタリが無くなります。

帰ろうかなぁ、、と思っていたら久々に強いアタリ。

最後にこの日最も良型がガツンと来ました。といっても20cmちょいくらいなんですけど。

もうちょっと季節が進めば良型が回ってくるのでは、という気がしますが、20cmちょいでもなかなか楽しいです。

今回のタックル

・ゼスタ ブラックスター セカンドジェネレーション S78

他のロッドを使ってみても結局ブラックスターS78に帰ってきてしまいます。

既に発売から3年位は経ってる気がしますが、とにかくこの価格帯としては高価な部品を使ってるんですよ。

バットセクションにPカラーKLガイド(SiC)、ティップセクションにチタンKTガイド(トルザイト)、トップはチタンLGトップガイド(SiC)

チタンガイドやトルザイトリング、といった高価な部品を使用しているのに2万円台半ば、というロッドはなかなか無いと思うのですね。

・リール 19ヴァンキッシュ C2000SHG

このリールはライトゲーム用として、もはや完璧です。

軽量で疲れず、それでいてしっかりしたリール。素晴らしいです。

もっと早く買えばよかったと思いますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする