2018年GWのシーバスボウズ日記

※ボウズ日記なので釣果はありません

2018年のGWも最終日になりまして、今は雨が降っていませんが天気はよろしくない。

宮崎港では「豆アジ」「小サバ」「イワシ」といったベイトフィッシュがサビキで入れ食い状態になり、ファミリーは釣りを楽しんでいる事でしょう。

しかし、、私はこのGWはボウズである(フグは釣ったけど)

来年読み返した時に「2018年のGWは完全ボウズだった」という記録のためのエントリーです。

戦いを挑んだ、いつも沸くシーバス

宮崎港のとある場所で、毎日ほぼ決まったタイミングで沸くシーバスが居ます。

暗くなるとそいつらはボイルを始めるわけですが、最初はポツポツ釣れていたんですけど、4月の半ばくらいから「一切反応しなくなる」という状態になりました。

前にもこの事を書いたんですが、最終的には以下まで投入したのにダメでした。

・クランクベイト

・スイッシャー

・アジングワーム

・トップウォータープラグ

・スピンテール的なやつ

・コモモ65

・タイトスラロームのジャーキング

・スライ95Fを放置する

何一つ反応しやがらない・・・強いて言えばコモモ65とスイッシャーは一回反応したような気がしたけど、掛からなかったので疑惑でしかない。

昨年はどうやら川で何匹かセイゴを釣っているわけですが、今年はそれすらダメである。

連敗記録

「そこに魚が居るなら、きっと何かの答えがあるはず」

そう思って通ったわけですが、8連敗したのでもはや諦めました。

ちなみに学んだこと

ここに着いているシーバスはヒラが多い(数匹釣ったが全てヒラ)わけですが、どうやらヒラスズキという魚はですね

明暗に浮いてきたりはしない

という事が分かりました。

港のような流れの緩い所でシーバスを探す時、浮いているシーバスのシルエットを探す事があるのですが、こいつらは一切水面直下に来ません。つまり浮いている事は確認出来ないのです。

少し深いレンジから一気に食いあげて反転する、そういう動きをします。

なのでスライ95Fを放置する、という方法も試したのですがダメでした・・。

ので明確に浮いていないシーバスを攻略するのは難関な感じですね。

昨年は5月下旬頃には普通にシーバスは浮いていて、エリア10で釣れたのでしばらく様子見が良さそうです。

ダメだったルアー列挙

・ガルバ73

・スライ95F

・ミニエント57S

・ピーナッツ

・シリテンバイブ

・シャルダス14

・サスケSF-75

・コモモ65

・タイトスラローム

・テイルスラップ

・マニック95

・アルデンテ

・ソラリア70

・クロスウェイク75

・ローリングベイト55

・サイレントアサシン

・ヨレヨレミニ

・レイジースリム

・スーサン

・テトラワークス ユラメキ

・ゴールドワン

・バヒッド100

・ナダ セッター

・フェイキードッグ

思いつく限り挙げましたが、、、ダメでしたね・・。

4月上旬にはユラメキとテイルスラップで釣れたんですが、後半には見向きもされず。

どなたか

同じようなシチュエーションで効くルアーを教えてください・・・(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする