買ってはいけない、とまでは言いませんが(リール編)

シマノ
DSC_0061

 

夏休みがもう始まっているので、連日防波堤には家族連れのファミリーフィッシングを楽しむ人達が増えてきていると思います。

釣りはお金をかけようと思えばいくらでもかけられますが、逆に安く済まそうと思うとかなり安く済む上に、釣れれば子供も喜ぶので結構行く人は多いんじゃないかなと思います。

 

釣具屋でも1980円で一式揃った防波堤セット、みたいなのを全面に出して売ってますけど、個人的には、、、

 

全くオススメしません。

 

最悪ロッドはいいとしても、リールがダメです(いやロッドもガイドがすぐ錆びるわでダメなんですけれども)

 

 

よくある「最初から激安のナイロンラインが巻かれているリール」は、トラブルの元であり、結局「釣りの時間より絡まった糸をほどいている時間が長かった・・」なんてことも多くなります。

なので安く釣りを楽しもうと思った場合には、リールはちゃんと買ったほうがいいです。

 

あくまで個人的感覚ですが

 

2万円以上のリール >> 1万円以上のリール >>> 5000円以上のリール >>>>>>>>> 最初から糸が巻いてあるセットのリール

 

というくらい、5,000円以上のリールと最初から糸が巻いてあるセットについてるリールでは雲泥の差があります。

他のセットも付いているので、実際リールの値段は数百円くらいかもしれませんので、5000円以上のリールとは10倍くらい差がありますので当然ではありますが・・・。

 

というわけで個人的には5000円ちょいくらいのリールを買って、糸は釣具屋で巻いてもらう、というのが長く使うにはオススメです。

 

その価格帯で良いかなと思うリールはダイワの15レブロス2500かなと。

 

そこまで重くもなく、定価が9800円くらいなのが5600円程です。

釣りを再開した当初は前のモデルのレブロスを使ってましたが、この程度のお金を出すだけで、スピニングリールにありがちなライントラブルはかなり減ると思います。PEラインばかり使ってたのですが、あまりライントラブルはありませんでした。

何より前のモデルよりデザインは良くなってます。

格安モデルなので、大抵のチェーン店の釣具屋では実物を触ることが出来ると思います。
質感からドラグ性能から、全く別次元レベルです。

ぶっちゃけ、防波堤からの釣りでレブロスの2000~2500番台のリールのせいで釣り上げられない魚はそんなにいません。

どっちかというとラインの結び方とかで途中で切れたりするほうが断然多いので、ファミリーフィッシングではこのくらいで十分です。

ちょい投げセット、とか防波堤セット、に付いてるリールとは格段に質感も違うので、あまりに安いリールを使って釣りが面倒くさくなるより、トラブルが少なくなるリールを使ったほうが、釣りは楽しめると思います!

2017年、シマノから低価格帯のリールが多数発表されたので、個人的に気になるモデルを紹介

個人的には16ナスキーが良いかなと思っているのですが、1万円近い値段になるので、ちょっと最初からは手が出しづらいのでは・・ということで、今回は5000〜6000円くらいので紹介。

・17セドナ C3000HG

実売6000円以下で、HAGANEギア採用のセドナ。

HAGANEギア採用でギアの剛性が増し、釣りを始めた時はどうしてもリールを無茶に扱ってしまう事もあると思うのですが、そんな雑な扱いでも安心なモデルとしてリリースされます。(3月発売予定)

AR-Cスプールで遠投する際もラインの放出も良くなっていて、まずルアーフィッシングを始めよう、という人には丁度良いモデルではないかなと。

 

そして2019年になり

レブロス、、はもう古いので、今一押しの格安リールはコチラの

 

・ダイワ レガリスLT

 

確実にコチラです。お値段は8,000円くらいになるので、先に紹介したレブロスやセドナより高くなりますが、

 

・性能が高く長く使える

・巻き心地も良いので満足感がある

 

といった面で、ちょっと前のリールを上回る高性能ぶりです。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました