チニング用に新リールを購入。シマノの「ヴァンフォード C3000XG」のインプレ。

シマノ

21モデルを買うのかと思いきや、少し前に出たシマノのヴァンフォードを購入です

丁度21モデルで注目のルビアスエアリティが店頭に並んでいる・・という状況のようなのですが、そのような高級リールはさておいて、「20ヴァンフォードC3000XG」を購入です。

何でまたヴァンフォードなのか、と言いますと、表題に書いたように用途はチニングなのです。

チニングはベイトタックルでやってたんですが、スピニングでも全然行けるなぁ、というのと、この時期の宮崎は毎日が爆風、そしてチヌのアタリがこの時期は繊細なので、ライトなロッドを使うためリールを新調、というわけです。

で、今回重視したポイントとしては、

 

・巻き出しの軽さ

・自重の軽さ

・巻取り量がXG(90cm以上)

・出来るだけ安い

 

といった点を基準にした結果、本当はヴァンキッシュが欲しかったんですが高いので止めまして、ヴァンフォードという選択になったわけです。という事で発売からしばらく経っていますが、改めてご紹介とインプレです。

 

開封してみた&スペックおさらい

という事で早速開封。

発売前は正直デザイン微妙だなぁ、、、と思っていたのですが、実物はそれほど気にはなりませんね。

ただ諸々樹脂感があり、チープな感じはあります。ただ今回は「自重の軽さ」もポイントなのでその辺りは気にしないことにします。

で、この値段帯の競合となると

 

・ルビアス

・カルディア

 

あたりになるのかなぁと思いますが、21カルディアは若干自重が重いのと、まだ発売していないという点、ルビアスは前に所有してましたが売ってしまったので使用感はなんとなく知っている事、さらに私スピニングはシマノ派だったりすることもあり、バランスの良いヴァンフォードにしてみました。20g差を許容出来る、さらなる剛性を求めるなら21ツインパワーXDが良いと思いますね。

 

そして重視したポイントである「巻き出しの軽さ」については、ローターがヴァンキッシュと同等という事でXGにしては軽いと思います。

ただし巻き心地に関しては、、、やはりヴァンキッシュとはそれなりに差がある感じはありますね。お値段半額以下とかで手に入るのでそこはしょうがない所です。

自重は180gとかなり軽量になりまして、これは予想通りで良い感じです。

 

あと1点気になるのが、各所であまり評判の良くない「ドラグ」なんですね。何となく出だしが重いと言いますか・・・ヴァンキッシュは滑らかにドラグが出るんですけど、ちょっとヴァンフォードは最初の出が悪い感じがちょっとあります。

実際に魚を掛けるとちゃんとドラグは出るんですが、出だしが重いことでラインブレイクの原因にならないかが気になりました。ただ今の所は大物掛けましたけど大丈夫だったので、まあちょっと気になる程度ではあります。

 

で、改めて20ヴァンフォードC3000XGのスペックが以下。

 

・自重 180g

・一巻き94cm、ハンドル長55mm

・ベアリング数 7/1

・定価31,000円

 

という、ストラディックCI4+の後継機なわけなんですが、2万円台前半で買えますので中級者には丁度よいリールかなという気がします。

 

 

チニングで重視していた点

1番は「巻取り量が90cm以上であること」なのです。

これですね、フルキャスト後の遠くでアタリがあった際、割と口の固いチヌにフッキングするためにはXGくらいの巻取り量でガッチリ掛ける必要がある、という理由なんですね。ここ最近スピニングでチニングをする際は19ヴァンキッシュC2000SHGを使っていたのですが、一巻き82cmという事で掛けられなかった事が何度かありまして(これだけが理由では無いとは思いますけど)少しでもキャッチ率を上げるために導入した、という感じです。

あとは出来るだけ軽い自重。180gであれば十分に軽い範囲なので問題なし。

 

実際に使ってみた

チニングで実際に使ってみました。

空回しでは少しノイズがあるのが気になりましたが、実際に現場で使ってみると特に問題なし。

気になっていたドラグも、魚を掛けるとスムーズには出るようなので一旦は様子見・・という感じです。

 

で、いきなり大物を掛けたんですが、それはまた後日・・。(UPしました

 

この価格帯で、私のように「巻取り量が多く、軽いリールを出来るだけ安価で」という条件では最有力候補になるリールですね。

思ったより剛性感もあり、チニングにはとてもいい感じだと思います。

タイトルとURLをコピーしました