新製品ラッシュ!シマノから超軽量エギングロッド「19セフィアSS」が登場!

新製品ラッシュが続くシマノより、「平均自重95g」という超軽量を実現したエギングロッド、「SephiaSS(セフィアSS)」が登場です。

出典:シマノ

しかも今回、「ラインナップがかなり豊富」という事でかなり力の入った製品になってます。

何と13製品。一番軽いモデルの「S76ML」になると自重が「86g」という軽量さです。

お値段も実売は2万円ちょいくらいになるのでは、という感じですね。

19セフィアSSの特徴

エギングロッドに求められる基本性能を高めたセフィアSSが、さらなる進化。ブランクスにスパイラルXを新たに導入し、平均自重が95gを切り、前作比約14g、13%もの軽量化に成功。高いネジリ剛性とつぶれ剛性により、クラスを超えた上質な曲がりへと進化している。
その特性は、全身がムチのようにしなり、軽い力で鋭いダートを引き出すことが可能。自重の軽さと、重心位置がグリップ寄りの軽量バランスと相まって振り抜きやすく、シャープな操作とクリアな感度が体感できる。
また、全13アイテムと充実のラインナップも見逃せない。各機種が専用設計で、季節やスタイルを問わず、幅広いシーンで活躍。タフテックαやパーフェクションシートCI4+など、上位機種から還元された機能が多数採用され、エキスパートモデルの領域に迫るハイスペックが手中に帰する。

出典:シマノ

とにかく「前作比13%の軽量化」ということで平均自重95gを切るという軽量さが実現されているわけです。

エギングはやはりシャクるという動作が多いので軽さは武器になります。

そして反発力から生み出されるダート性能も重要な部分になりますが、「スパイラルX」「ハイパワーX」というシマノ独自の技術により、この価格帯でも高い次元の性能を維持している感じがしますね。

個人的に気になるモデル

「S92M+」ですかね。

エギングロッドはだいたい8ft〜というレングスのモデルが通例ですが、こちらは9ftを超えるレングスなのに「103g」という超軽量なロッドになっています。

まあ、私がエギングをしないというのもありますが、このくらいの軽さとエギングロッドの汎用性を考えると、実は結構いろんな釣りに使えるんじゃないかと思うわけです。

最大4.5号のエギを扱える、つまり30g程度のジグも投げられるようなスペックです。

ギリギリライトショアジギングが出来るくらいのレングスと扱えるルアーの重さがあるので、超軽量ライトショアジギングロッドとして使えるのではないかと。

ベーシックなエギングロッドというところでいくと、「S86ML」ですかね。

発売時期と公式サイト

発売時期は2019/7だそうです。もう予約が開始しているので、発売はすぐですね。

http://fishing.shimano.co.jp/product/rod/5797

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする