メジャークラフトの「NEWソルパラ」に振り出しモデル「FURIDASHI」が登場!

たまにはシーバスに関係ない話題。全く関係ないわけじゃないですが。

メジャークラフトが最近リニューアルした「ソルパラ」シリーズですが、これまでは基本リニューアルモデルがほとんどでしたけど、今回持ち運びに便利な「振り出しモデル」が登場のようです。

出典:メジャークラフト

そして最初から「7種類のモデル」が登場です。

・SPXT-S70UL → アジング・メバリング

・SPXT-76L → ライトゲーム

・SPXT-76ML → ライトゲーム〜ライトロック〜小魚狙いなど

・SPXT-80ML → 10g程度のウルトラライトショアジギング〜太刀魚ワインドなど

・SPXT-86M → エギング、サゴシ等の青物

・SPXT-90MH → シーバス、ライトショアジギング

・SPXT-96LSJ → ライトショアジギング

という、アジング・メバリングからライトショアジギングまでカバーする7モデルと、最初から結構充実したラインナップになっているようです。

ソルパラ FURIDASHIのスペック表

出典:メジャークラフト

振り出しロッドで50gが投げられて、さらにソルパラなので価格は安そう、というところで、期待される人も多いのでは。

ターゲット層

・電車釣行

・バイク釣行

・車が小さい方

・家で釣具が邪魔

このあたりの方は振り出しモデルはオススメですね。

逆にちゃんと持ち運べる方はあんまり振り出しモデルって意味が無いのでは・・という感じはします。

ちなみに僕は釣行中にガイドがズレたりするので、振り出しロッド嫌いです(笑)

敢えて買うならば・・・

・SPXT-80ML → 10g程度のウルトラライトショアジギング〜太刀魚ワインドなど

・SPXT-86M → エギング、サゴシ等の青物

この2モデルかなという感じですね。理由は扱うルアー重量が割と汎用的な範囲(5〜28g)という理由です。

僕が初めて買ったソルト用のロッドが旧ソルパラのLSJモデルですが、無茶な使い方をしても折れなかったので、耐久性には期待できそうですよ。

しかし、重要な情報がない

振り出しロッドで重要な情報、当然ながら扱えるルアーの重量なども重要なんですが

仕舞寸法が書いてない

これが今時点では結構致命的な感じですよね・・。

60cm切るとかになると飛行機で機内持ち込みが出来るレベルですが(多分)

結局どのくらいの寸法になるかはメチャクチャ重要な情報です。

クロステージの4ピースモデルには書いてあるのに・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする