アブガルシアの2020新スピニングリール「Revo MGX THETA(レボ エムジーエックス シータ)」超軽量なフィネスリール。

アブガルシアの2020新スピニングリール「Revo MGX THETA(レボ エムジーエックス シータ)」超軽量なフィネスリール。

2020アブガルシアの新スピニング「Revo MGX THETA(レボ エムジーエックス シータ)」

 

2020アブガルシアの新スピニング、「Revo MGX THETA」が発表されています。

 

出展:ピュア・フィッシング・ジャパン

 

塩ガミ対策に定評のある「ソルトシールドベアリング」等、これまでのアブのリールに搭載されていた技術のみならず、各種新機構が入った2020最新リールです。

 

 

Revo MGX THETA(レボ エムジーエックス シータ)の特徴

出展:ピュア・フィッシング・ジャパン

 

赤のベールが特徴的な「Revo MGX THETA(レボ エムジーエックス シータ)」

「フィネス」という単語が説明で多々出てくるように、とにかく「軽量」且つ「巻き出しの軽さ」が特徴に据えられているようです。

 

特筆すべき機能が「Friction-Free」という機構なのですが、公式サイトの説明を引用すると

 

メインシャフトの支持構造改良により、ハンドルの巻き上げを軽くした新構造。大物でも『あと一巻き』を積極的に巻き上げ可能。

従来の構造は、ローターを回すためのピニオンギアの内面をこすりな がら、メインシャフトが前後に動いていたため、この“こする”摩擦が巻き上げを重くしていた。

スプールを前後に動かすメインシャフトの支持構造を大幅に改良し、 メインシャフトを高摺動ブッシュでリール本体に支持。

回転するピニオンギアと前後に動くメインシャフトの間には、すき間があり、ギア 部内側への接触摩擦を無くす(フリクションフリー)ことにより、巻き上げを軽くした。

 

という、金属部の接触摩擦により巻きが重くなっていた機構を見直し、より軽い巻き心地を実現しているようです。

 

もう一つ面白い機構が「2WAY DRAG」というシステム。

 

釣種・釣法にあわせてドラグワッシャーの組付け順序を変えることにより、”Light”及び”Tough”の2通りの設定を可能にしました。

 

これ要はドラグワッシャーの順番を変える事でドラグの効きを変化させられる、という面白いシステムです。

 

 

Revo MGX THETA(レボ エムジーエックス シータ)のスペック

 

 

一番軽い1000Sの番手になると自重が「163g」と超軽量です。

2500番でも180g程度と、この価格帯ではかなり軽量な部類に入るリールですね。

 

 

 

 

発売は1月下旬以降のようですが、実売価格が27,000円程度となっており、中価格帯のリールとしてなかなか使い勝手が良さそうですね。

私アブのリールはベイトをちょろっと使ったことはあるものの、スピニングを使ったことが無いのでちょっと気になってます。

 

リールカテゴリの最新記事