【ベイトシーバス】タトゥーラ SV TW用の格安ベイトフィネススプールを導入(レイズスタジオ)

先日、ジリオンSV TW用のベイトフィネススプールを購入したのですが、33mm経スプールでより軽量なルアーに向いている「タトゥーラSV TW」用のスプールも購入してみました。

こういうやつです。

Aliexpressで大体3,800円程度、ということで純正のモノより安くて軽量、という感じですね(耐久性や素材などは本家より当然劣るとは思いますが)

浅溝なので、糸巻き量も少なくなります。

軽量ルアーを投げるためなので、ラインはそもそも多く巻かないほうが良いので、PE1.5号を約50〜60Mほど巻きました。

(写真を取り忘れてラインを巻いてしまった・・・)

シーバス用ルアー投げてみた

この時期、ハクパターンという事で、軽量且つ小型のルアーを投げる機会が多くなるわけですが、通常のベイトリールだと非常に投げにくいです。

タトゥーラSV TWは割と軽量ルアーが投げられるのですが、と言ってもそこまで快適かというと、そういうわけでもありません。

主に投げたのがコチラ。

・ダイワ モアザン クロスウェイク75F SSR(8g)

・ima コモモ2 65(6g)

・DUO マニック75(7.6g)

結果として、、、

非常に良い。ちゃんと投げられる。

です。飛距離も十分に出ますし、何よりトラブルも起きにくい感じです。

スプール自体が軽量になった+浅溝で巻くライン量も少なくなりますので、スプールの立ち上がりが格段に良くなったと感じます。

そのおかげで、ガルバ73のような11g程度のルアーの飛距離も伸びました

もしかするとジリオンの軽量スプール搭載よりコッチのほうが使いやすいかも・・というくらい良いです。

スピニングのように1つのリールで対応出来る範囲があまり広くないベイトリールですが、スプール交換で対応範囲を広げれば、様々な釣りに対応出来るのは面白いですね。

ちなみに、飛距離は伸びましたがスピニングを上回るというわけではありません。

ただPE1.5号という太いラインで、スピニングとそこまで遜色無い飛距離が出せているので、対大物みたいな時はベイトタックルで挑む事は出来そうです。

しかし、、タトゥーラSV TWはスプールを足しても2万円いかない程度で買えてしまうので、ベイト初心者には非常に良いですね。

ちなみにこのスプールのデメリット

浅溝なのでラインがあまり巻けません。

ということは、トラブったら終わりという事です(笑)

複数スプールを持参するのが良いかも。

私は複数買いましたけどね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする