今更購入ですが1軍確定。ラッキークラフト「ビーフリーズ 78S」のシーバス向けインプレ。

超有名ルアーなので今更感が半端無いんですけど、最近格安で購入出来たのでインプレです。

形はとてもリアル、そして肉厚なリップが特徴的ですね。

歴史のあるルアーなんで、もはや何種類あるのか・・というくらい種類があります。

上の写真の「NORMAL」、リップの長い「LONG BILL」、さらにリップが長い「DIVE」という種類が大別すると存在しますが、まあ普通使うのは「NORMAL」でよいかなと思います。

ビーフリーズ78S(NORMAL)のスペック

全長:78mm

自重:10.2g

レンジ:1〜1.2m

タイプ:シンキング

フックサイズ:#6

という、ちょっと深めに潜る感じです。重量は重すぎず軽すぎず。

というわけでビーフリーズ投げてみた

今回はデイゲームでベイトタックルで投げてみました。

ロッドはディアルーナB96ML、リールはジリオンSV TWです。

飛距離は・・・あんまり飛びません。普通です。

壊滅的に飛ばない、という程ではありませんが、思ってたよりは飛んだものの、あまり飛距離は出ませんね。

なので大河川やオープンエリアで大遠投するような使い方にはあまり向いていません。

ただ「ベイトタックルでピンポイントに撃つ」という用途で使うと、飛行姿勢も安定して飛び、「非常に使いやすい」という印象です。

さらに巻き始めからの泳ぎ出しも良く、巻くと任意のレンジまでさっと潜ってくれます。

ロッドの角度で深めにしたり、少し浅いレンジを引いたり、というのが割とやりやすい気がしますね。

アクションはタイトなウォブンロールという感じで、極端に大きく動くわけではなく、確かにシーバスが好むくらいのアクションが出ます。デイゲームではフラッシングするカラーだと効果が高い感じがしますね。

トゥイッチへの追従性も良く、大きめのリップのおかげで水面から飛び出す、なんてこともなく、早巻きしても全然問題ありません。

私はピンポイントに撃つ釣りが好きなので、とても使いやすいですね。

普段は「グルービン65S」「ハードコア ベイシャッド」をよく使うのですけど

キャストフィール・飛距離はグルービン65Sに劣りますが、満潮時などの深いレンジに入れる際にはビーフリーズのほうが深く潜る&泳ぎ出しが良いので、これは非常に出番がありそうです。

ボートシーバスなんかでも今でも一軍で使われる理由が分かる気がします。

割と値段も安いですしね。

というわけでオススメするユーザー

普通に投げていても釣れる気がしますが、あまり飛距離が出ないのであまり初心者向けではないかも、という感じです。

やはり真骨頂はピンポイントに撃つ釣り、という感じでしょうね。特にベイトタックルで使うのはオススメです。

試しに投げていたら、2投目でいきなりヒット!

と思ったらボラでした・・。ちゃんと口に掛かってたのが謎ですが。

気を取り直して投げていたらギリギリフッコサイズのシーバスがヒット。

まあこれは釣れるでしょうな、というルアーです。

デイゲームの1軍決定ですね。

デイゲームならこのへんのフラッシング効果が高そうなカラーがオススメです。

よく行くエリアの水深などで選びたいですね。

ビーフリーズ78Sの釣果

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする