雨の前にシーバス釣行してみたが・・・極小(2019/3/2)

週末が雨予報という、何を信じて生きていけば良いのかという週末が今週末でして、一応天気予報では夜までは持つのでは・・という事で降る前に釣行してきました。

雨が降っても一応しのげる大淀川へ

既に「いつ降り出してもおかしくない空」ですが、降るまでに何とか一匹、、という事で雨が降っても橋脚陰にて雨がしのげるため、大淀川へ向かいます。

着いてみると、「全く流れがない」という状況。

丁度着いたのが10時頃だったので、流れは完全に止まっています。

ちなみに釣りにおいて「流れが止まっている」というのは当然ながら釣れない状況だったりします。曇天なので魚にとっては活性の上がる状況なのですが、それ以前に流れが無いと釣れないというのが通例です。

とはいえそれで帰るのも何なので、構わず始めます。

予想通り、反応ナシ

小さいルアーじゃないと反応が無いのか何なのか、際を撃っていっても影からシーバスが出てくるなんて事は一切なく、ちらほらボラが居る、ハクの群れがルアーを引いてくると水面から飛び出る、という程度。

ハクは居るのでシーバスは居るはずなのですが、全く反応がありません。

ちょっと小さめのルアーを使ってみようかと取り出したるはジグパラスピン7g。

と、紹介したものの別にこれに反応があったのかというと「ナシ」です。

1時間ほど歩きつつキャストしていくものの、反応は全くありません。

遂にヒット・・・ですが

しょうがないから場所を移動するか、、という前に、少しだけ流れが出てきたので、ヨレを狙うために取り出したるはシマノのサルベージソリッド。

チマチマと際を撃つばかりだったので、サルベージソリッドをフルキャストしてヨレを狙ってみます。

着水して1秒程度待ち、リフト&フォールで誘っていきます。

繰り返す事3投目・・・リフト時に違和感。重量を感じた瞬間、グッと穂先が入る感覚があり、遂にHIT!

といっても非常に小物なのはすぐに分かり、ちょっと叩くようなアタリなので、キビレでも掛かったかなと思いきや、極小のセイゴ。

25cm無いくらいでしょうか・・・。

まあボウズじゃなかったということで・・・。

その後、移動してみるも当然ながら反応皆無、そして雨という事で撤退。

今回のタックル

・ロッド ダイワ レイジー 89MLB

懲りずにデイゲームはすべてベイトタックルで挑んでおります。

キャスト後の穂先の収束があまり早くないのが格安ロッドっぽい感じはするのですけど、軽快にキャスト出来るので、値段の割には良い感じのロッドですね。

・リール ダイワ タトゥーラSV TW 8.1L

最近はジリオンSV TWを使うことが多いですが、何となくタトゥーラSV TWを使ってみました。33mmスプールということで、元々軽いルアーをキャストするのはコチラのほうが向いている感じがあります(ジリオンは軽量スプールに変えたら良くなりましたが)

ジリオンと1万円程差があるのを考えると、タトゥーラのコスパはかなり良いですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする