お盆休みシーバスデイゲーム。イナっ子カラーじゃなくても問題なし(2018/8/11)

シーバスのデイゲームで使用しているメインのルアーが、ダイワの「モアザン グルービン65S」「3Dイナっ子」カラーなんですが、このいかにも本物の魚っぽいカラーってですね、売れ筋になるので売り切れちゃうんですよ。

近所の3件の釣具屋さんでグルービン自体は売ってるものの、このカラーだけが欠品、という状態になっておりまして、今回しょうがないので「ライブイワシ」カラーで挑んでみました。

結局のところトゥイッチ入れてキラキラっとフラッシングさせて食わせる、というやり方なんで、別にこのカラーでも問題ないんじゃないの、という検証も兼ねてます。

というわけで大淀川へ

実は前回の釣行で「タイトスラローム」を岩の間にガッツリ入れてしまってロストしてしまったので、干潮なら取れるのでは、、と思ってど干潮に行ってみたんですが

やっぱり見つからず

ちゃんと場所に目印でもしておくんだった・・。

しょうがないのでグルービンをセットしていつものように際にキャスト、ショートトゥイッチを入れて隠れている奴を引っ張り出します。

この釣り方の弱点があるとすると、やる気のあるセイゴ・フッコクラスまでしか来ないという問題がありますが、やる気のある奴は通せば一発で来るのでなかなか面白いです。

デイゲームであまり釣れた事の無い方にオススメです。

というわけで際を通しては移動、際を通しては移動、というのを繰り返し、流れの緩いポイントに差し掛かった時、影からセイゴが追ってくるのが時折見えます。

こういう流れが緩くなる河川のカーブがある所もポイント。

さらに進んでテトラ際へキャストして引いてくるとガツンとバイト。

テトラの奥に入ってしまいますが強引に引っ張り出します。

先日よりちょっとだけマシな35cmといったところのタイリク。

そこそこ反応が多いので、フラッシングさえすれば良さそうみたいです。

グルービンの「ライブイワシ」カラーでも何ら問題ない模様。

さらに10メートルくらい進んだ場所でもセイゴが影から飛び出して来てヒット。

これもタイリクですね。絶対食えないだろと思うサイズにもアタックしてきます。

この後、最近釣りを始めたO君と合流。大淀川河口部へ移動します。

大淀川河口部へ

河口エリアに移動したんですが、ここはナイトゲームでは実績が結構ある場所なんですけど、デイゲームはなかなか厳しい(というか付く場所が分かってない)場所です。

さらにO君はちょい投げ釣りなのであまり場所も移動しない釣り方。

しょうがないのでチヌでも狙うかな、という事で5gのジグヘッド、ワームへチェンジし、ライトワインドで狙ってみます。

ここで不可思議現象が・・

昼間にワームを投げると大抵「フグ」に齧られて終了なのですが、やはりフグが多いようでワームを齧られます。

まあワームは大量にあるので気にせずキャスト、ボトムを取ってチョンチョンとワインドアクションを入れるとすぐにフグがヒット。

とりあえず抜き上げてみると、、、「!?」という状態。

それがこれ。

ワームがフグを貫通している・・・!?

なんてことは全く無くて、単に齧られたワームが顎の下にあるだけでした。

というわけで納竿です。ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする