ダイワ vs シマノ、ネーミングでも争いか!「ダイワ フネ X」と2019新リール「シマノ コブネ」

別に訴訟とかそんな物騒な話では無いんですが、シマノの2019新製品に

コブネ

というリールがあります。

出典:シマノ

あれっ?

何か似た名前のリールがダイワにも・・・

ダイワ フネX

出典:ダイワ

ダイワが「フネX」で、シマノが「コブネ」

いや分かりやすいネーミングだけれども・・・

ひねりましょうよ

って思いますね。さすがに2つ出てくると思います。

ただ圧倒的に「フネX」のほうが格好良いですね。こればっかりは確実にそうですよね。

バス用リールに見えるけど。

以前フネXを紹介したので今回はコブネ

アジやイサキ、真鯛など、なじみ深いターゲットを軽快に楽しむための船釣り用ベーシック手巻きリール。ストレスやトラブルを軽減するシンプルな操作性と豊富な糸巻き量、滑らかでスムーズなドラグ性能を備え、中・小物釣りに幅広く対応します。船釣りが初めてという入門者でも使いやすいモデルになっています。

ジギングといったような釣りではなく、中・小物を小舟で狙うというリールです。

その御蔭で価格も安い。

定価で11,000〜13,000円といった価格なので、実売は1万円を軽く切ってくる感じかと思います。

3000になるとPE8号が200M巻けるという、豊富な糸巻き量があるので、深場の釣りも大丈夫そうですね。5号だと370M巻けます。

ただどうしても格安モデルなので、自重は結構ありますね。

というわけで船での餌釣りなどで活躍しそうなコブネですが、サブリールとしても良い価格ですね。オフショアでライントラブルとなると、マジでゲームオーバーになるので、予備リールを持っていくのをオススメします(過去に鯛ラバに行って20Mくらいしかラインが出なくて終わった経験あり)

ちなみに「フネX」は自重が190gですが、PE2号が150Mくらいしか巻けませんので、名前は競合っぽいモデルですけど、実際は全く競合しない製品だったりしますので、ご注意ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする