遂にダイワから19モデルの発表!ダイワのシーバス用ベイトリールのフラッグシップモデル「モアザン PE TW」

遂に「19モデル」の発表が出てきたか・・という事で、ダイワの一発目の19モデル「モアザン PE TW」が発表されました。

ダイワのシーバス用ベイトリールのフラッグシップモデル、待望のモデルチェンジです。

ちょっと個人的な印象では「シーバス用ベイトリール」というとシマノの「エクスセンス」シリーズに比べてちょっとマイナーなイメージがありますが、いろいろとパワーアップしてモデルチェンジという感じです。

モアザン PE TWの特徴

シーバス専用ベイトリールとして高い評価を受けるmorethan PE。ボディだけでなく、両サイドもアルミ化したことで、非常に高い剛性を獲得。力強く安定した巻き上げにより、流れの変化も明確に手元に伝えるのはもちろん、引き重りするルアーも軽快にリトリーブできるうえ、大物をグイグイ引き寄せる。

パーミングしやすいコンパクトボディと、力強い巻上げをサポートする100mmのロングハンドルが、剛性をさらに実感させる。ブレーキにおいてもPEでバックラッシュさせない守りの設定から、極限まで飛ばす、後半も伸びる攻めの設定に変更。鉄板系バイブレーションの遠投から、ミノーなどのピンスポットキャストまで、そのポテンシャルに隙はない。

出展:ダイワ

というわけで搭載技術。

・マグシールドボールベアリング

→僕は16セルテートでこのマグシールドボールベアリングの効果を実感しているので、信頼出来る機能ですね。

・超高剛性高精度スーパーメタルハウジング

→こんな感じのようです。

スーパーメタル(AL)フレーム、ハンドル側サイドプレート、ダイヤル側セットプレートとハウジング全てをアルミ化。100mmクランクハンドル&ハイグリップIラージコルクノブ搭載で実釣時の快適な巻き上げにも貢献。

・G1ジュラルミン製マグフォースZ PEロングディスタンスチューンスプール搭載

長すぎて覚えられない(笑)

新規G1ジュラルミン製高精度Φ34mmマグフォースZ PE1.5-200mの遠投仕様スプール搭載(RCSB1000番系スプール互換性有り)。軽量化により、立ち上がりが良く、スプール回転性能もアップ。

軽量化により〜くらいを理解しておけばよいのかなと・・・あとは34mmってとこすね。

全モデルが「SV」スプールだったため、「トラブルレス性能」を重視したスプールだったんですが、「SV」の弱点として「飛距離が出ない」という点がありました。

今回はそのトラブルレス性能を少し落とす形にはなりますが、「より飛距離が出る」チューンが施されているという感じでしょうね。

しかし34mm経というのは少し小さめな気がしますが、まあシーバスは極端に引きの強い魚でも無いので、という感じですかね(シマノのアンタレスDC MDは38mm)

・ゼロアジャスター

もはやメカニカルブレーキはスプールのガタを押さえるのみで、再度調整する必要はない。スプールガタをミニマムに抑える「ゼロ設定」を一度セットできれば、使用ルアーごとの最適なブレーキ力はマグダイヤルの調整のみで可能となった。

とりあえずマグダイヤルの調整でルアー交換ごとに簡単に設定できると理解。

・ハイスピードレベルワインド

これメッチャ重要な気がするんですが、なぜか公式では「一行触れられているだけ」という状態・・・

ここ1ヶ月ほどベイトシーバスをずっとやってるんですが、「PEの食い込みによるバックラッシュ」はとても切実な問題で、1.5号以下のPEなんて使えねえ・・という状態になってます。

(PEやめてカーボナイロン4号が快適なのでそれに落ち着きつつある)

このハイスピードレベルワインドがあると、縦方向だけにラインが巻かれず、クロス巻きになるのでPEの食い込みが非常に軽減される、という必須な機構です。

これだけで結構欲しくなるレベルです。

ラインナップ

一巻き75cmでデッドスローに引きやすいモデル、91cmのエクストラハイギアモデルがラインナップです。

これは好みで使い分け出来るので、どちらもリリースされるのは嬉しいですね。

シマノのDCのような派手な機能は無いですが、確実にパワーアップしてきた、そんな印象です。

右ハンドルモデル、左ハンドルモデルどちらももう発売中です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする