かっ飛びブレード付きメタルジグ「メガバス マキッパ」を買ってきたのでインプレ。

メガバスから新製品「MAKIPPA(マキッパ)」が出ましたので早速買ってきました。

とりあえず20g、30gの2個購入で、写真は30gのほうです。

MAKIPPA(マキッパ)の特徴

まずは公式から紹介文を引用。

マキッパはその名の通り、投げて巻くだけの新感覚キャスティング・ブレードジグ。ソルトウォーターシーンにおいて、キャスティングジグは飛距離性能と多様な魚種に有効なことから定番のルアーとなっていますが、思い描いたアクションを出すのが難しかったり、狙ったレンジをキープしづらかったりと、使うには慣れや経験が必要なルアーといえます。マキッパは、キャスティングジグの使いにくさをカバーし、誰もが簡単に扱えるよう、徹底チューンを施しました。テールには巻くだけで集魚効果の高いブレードを装着し、さらにブレードの回転を阻害せずにブレードバイトを高確率でフックアップ可能な、ブレードフックシステム(PAT.)を搭載。計算されたボディバランスと各パーツの配置により、ボディが回転することなく安定したスイミング&フラッシングでターゲットを誘います。

使い方は着水後、即リーリングすれば表層を、沈めてからリーリングすれば中層やボトム付近をレンジキープするため、ターゲットの泳層に合わせた攻略ができます。

あらゆる魚種に効果的なティンセル付きアシストフックを標準装備しており、また腹部に設けたおまかせアイにより、好みに合わせてダブル、トリプルフックなどを追加装着可能です。特にボトムからバイトしてくる魚には、おまかせアイへのフック装着が効果的。対象魚は、シーバス、ヒラメ、マゴチ、ブリ(イナダ、ワラサ)、サワラ、カンパチ、アジ、サバ、タチウオ、マダイ、クロダイ、根魚類と、多種多様なターゲット。マキッパを貴方のソルトウォーター釣行に常備すれば、あらゆる釣り場で活躍してくれることでしょう。

出展:メガバス

と、紹介文で既に全て特徴が語られているのですが、ポイントとしては

・ブレードフックシステム(PAT.)を搭載

・ティンセル付きアシストフック標準装備

・投げて巻くだけでいろいろなレンジを攻められる

といったところではないでしょうか。

見た人も多いのではないかと思うのですが、「釣りよかでしょう」でも紹介されてたルアーですね。

投げてみた

今回30gを投げてみました。

ブレード付きのルアーでよくあるのが

・意外と飛ばない

・巻き抵抗が強い

というところなのですが、このMAKIPPA(マキッパ)はそんな事はなく、飛距離も出る上にブレードが細身なので、巻き抵抗も強くありません

そして思ったよりスローに落ちます。

思ったよりスローに落ちる、ということでレンジのキープがしやすいというメリットがあります。

そしてお腹側にはフックは標準では付いていないので、根掛かりしやすいポイントでも根掛かりを回避しやすくなっています。太刀魚のように、腹側からバイトしてくるような魚を狙うときにはフックを付けたほうが良さそうですね。

そして重要なのが「エビになりやすいか」という点ですが、10投ほどで1回するかしないか、という程度でした。しかも河川で流れのあるところに投げたのでエビになりやすい条件ではあったのですが、そこまで気にすることは無さそうです。

そして某競合ルアーと比べると

「魚種限定解除」と言っている某大人気ルアーがありますが、それと比べると

・フックが強いので大物に対応出来る

・お値段も安い

というメリットがありますね。ただリフト&フォールの安定した動きは某ルアーのほうが良いかなという感触はあります。

お値段

思ってたより高くないです。

10g : ¥740
20g : ¥780
30g : ¥820
40g : ¥860

丁度セールで20%OFFで買えましたので、600円くらいでした。

とりあえず投げて巻くだけの簡単な使い方で、お値段もそう高くないので、普通のメタルジグに反応がない時や、よりスローに攻めたい時に重宝しそうなルアーですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする