odz「チヌショット」「チヌシングル」をVJ-16/22のシングルフックチューンに使う

どうでもいい話ですが、「odz」と打とうとして「orz」と打ってしまうこと、ありますよね。ありませんか。そうですか。

台風により当面実釣テストは出来ないのですが、秋〜冬にかけてのシーバス最強ルアー、コアマンの「VJ-16」「VJ-22」でございますが、恐らく台風によりですね

根掛かりポイント増大

という事が予想されます。(既に今月際を攻めすぎて何個かロスト・・・)

何度も使うのを辞めようかと思ったんですが、だがしかしコイツは釣れる・・。

という事と、どうしても遠投時にエビになりやすいという弱点がありますので、これを解決するために「シングルフックチューン」を施します。

但しこれによって釣れなくなったり、フッキング率が低下したりというデメリットも考えられますので、それは今後実釣で確かめようかなと思っています。

フロントフックには縦アイ、リアフックには横アイのフックが合う

丁度手元にodzの「チヌショット」というフックがありましたのでこれを装着してみたところ、「リアフックには合う」という感じでした。

ちなみに装着したのは「M」サイズです。

若干大きいかな?という気がするので、「S」サイズでも良さそうですが一旦こちらで行きます。

フロントのフックはどうやら「縦アイ」のフックが合いそうなのですが手元に無い。

で、ちょっと調べてみた所、「チヌショット」以外に「チヌシングル」というフックがodzから出てまして、これに「縦アイ」のフックがありました。

本来はチヌ用ルアーのフックであり、さらに普段から使用している土肥富さんのodzブランドのフックなのでシーバスなら全然耐えられそうだと思っています。

チヌショット、チヌシングルのおさらい

当然ながら本来はチヌ用なのですが、それぞれ「S、M、L」サイズがある以外の違いとして、先程の「縦アイ」「横アイ」の違い、さらにフッ素コーティングの「FC」、ブラックニッケルメッキ仕上げの「NSB」があります。

FCは摩擦抵抗が少なく貫通性能に優れたフッ素コーティング、NSBは錆に強いニッケルメッキ仕上げ、という感じですかね。

簡単にまとめると以下。

Sサイズ・・10本入り(FC:¥350、NSB:¥300)

Mサイズ・・10本入り(FC:¥350、NSB:¥300)

Lサイズ・・9本入り(FC:¥350、NSB:¥300)

という感じです。値段も安いのでお買い得な商品ですね。

まだ実釣していないので何とも言えませんが、同じような悩みを抱えている人は試してみても良いかと思います。

後日談

ヒラスズキを釣り上げたんですが、さすがシングルフックと言うべきか「全然曲がりませんでした」という結果が出ました。素晴らしいですね。

ただですね、「VJ-16」を使う時は「Sサイズのチヌショット」をオススメします。

微妙にフックがワームに絡む事があるので、少しサイズは下げたほうが良さそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする