さすがの僕でも躊躇する「モアザン スライ ストロング」デカすぎて吹いた。

前に一度紹介したことがあるんですが、本当に出るのか・・という感じがあるルアー、それが

モアザン スライ ストロング

春先のハクパターンで大活躍だった「モアザン スライ95F」の超サイズアップバージョンになります。

95mmサイズが一気に156mmに

そして重量も

6.8g → 38g

流石にサイズは倍とまで行きませんが、重量は5倍以上という恐ろしいサイズアップです。

さすがに麦茶を吹くレベルですね。

出展:ダイワ

モアザン スライ ストロングの特徴

既にサイズアップ(95mm→156mm)と重量(6.8g→38g)は書いた通りなのですが、こちらはサイズアップに伴い、当然ながら「ランカー狙い」のルアーになりますので、フックサイズが「#2」というサイズになります。

95Fのほうは「#8」ですね。

なので95Fはフックサイズに不安がある(実際に50UPくらいで曲がったり折れたりします)んですが、こちらは当然ながらその程度のサイズでは平気な「#2」を搭載。

唯一無二、2つのコブが織り成す連続V字波紋&超タイトウォブンロールアクションのシャローランナー「SLY」シリーズ。
ランカー対応の156mmサイズ。

  • 連続V時波紋で水面を意識したシーバスに猛烈アピール
  • あらゆる条件下で水面直下を安定キープ
  • 重心移動システムを採用していながら素早い立ち上がり

魔性のレンジと呼ばれる水面直下をデッドスロー~スローリトリーブでレンジキープ可能。
背中に配した2つのコブによる独特なフォルムが生み出す幅狭で深さのある大きな水流が、水面を意識したシーバスに猛烈アピール。
I字に近いタイトウォブンロールアクションが、ルアーに当たる水流が強くなってもアクションが破綻するタイミングを遅らせ、バイトチャンスを長くキープ。
ミディアムリトリーブではロールアクション主体のアクションとなり、ルアーが潜行して水面直下からレンジが外れても喰わせられる性能を持ち合わせている。
重心を下げつつもウエイトボールの戻りを極力早くすることで、着水直後の巻き始めで正位置に戻りマグネットシステムでしっかり固定。
足場の高さを気にすることなく使用可能。ランカーに対応する#2フック×3本仕様。

という感じで、秋の大型魚に対応したスライ、となるのですが、、、

定価2300円

ということで心が折れました。

というか宮崎そんなにランカー釣れませんので不要かなと。

せめて120Fとかじゃないでしょうか・・。

ストリームデーモン180を平気で投げられる漢になりたいと思う今日このごろです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする